Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後を安心に過ごすために・・・

世の中はインフレ気味で物価も上がり、かつ年金も減額されるということで、最近、テレビや週刊誌を見ると「老後破産」という言葉で、老後の経済的不安を煽る記事が増えているような気がします。


これって本当に正しいのでしょうか?


退職後の投資に関する知識の普及を図る「フィデリティ退職・投資教育研究所」(東京都港区)が2014年4月に勤労者約3万人にインターネット調査を行ったところ、「老後資金の準備がない」のは44.8%。このうち50代男性でも32.1%という結果が出たそうです。


まあ考えれば最近は晩婚化も進んでいますので、「定年、親の介護、子どもの進学」が同時期に重なるケースも増えているので、確かに、大変な人は増えているような気がします。


同研究所によると、定年後も家計の支出は、現役最後の年の68%かかるそうです。


だからこそある程度は若い時からきっちり備えておかなくてはいけないわけですが、主な生活費の原資となる貯蓄などの資産は95歳でゼロになるように考えるのがポイントだそうです。


老後



こう考えると、一層不安が増えるかもしれませんが、過度な情報に煽られて、あまり深刻に考えすぎると、変な儲け話に引っかかって返って大変な目に、という事もあり得ますので、何事も冷静な対応が必要です。


老後資金について考える事はとても大切ですが、1950年代から現在までの銀行金利で、インフレに対応できなかったのはオイルショックなど短期間にとどまるそうです。


これを考えると「インフレを恐れて無理に投資をする」というのは避けたほうがよいような気がしますね。


人の人生はどうなるかわからないだけに、ある程度の備えはしつつも、同じように、1日1日の人生の時間を有難く思えるよう過ごしていく事も大切なのではないかな~~と思います。


そういう意味でも、お金という資産だけではなく、「家族や友人との人間関係」という人的資産にも目配りをして、老後も自分の居場所を確保する事ができるよう、バランスよく考えることが大切なのではないでしょうか?


くれぐれも、老後の為に今を犠牲にして生きる、というような感じは避けたいものですね。

年金の世代間格差は本当にないのか?PageTop酒豪は女性が多い?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1506-43ccc550

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。