Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

強まる年金制度への不信

昨年程から、社会保険加入の適正化に関する取り締まりが非常に強くなりつつあります。

まぁ、ルール通りできているかどうかを確認するものですので、ちゃんと普通にしている方には何の問題もないわけですが、これまでの社会保険庁時代の曖昧、かつ、いい加減な運用だった時の認識のまま、適切な対応をしてこなかった企業様には喫緊の改善が求められています。


さて、そんな社会保険制度の給付の一つである「年金」ですが、少し気になる記事が先日紹介されていました。


年明けから少し低迷気味で、14日の日経平均株価は前日比291安の1万6795円と、1万7000円を割り込んだ状況の中、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用比率の見直しを決めた年金資産が大きく目減りしつつあるようです。


GPIFは約130兆円もの年金資産を運用をしているのですが、昨年10月、「国内株式」の投資比率を12%から25%に引き上げることを決めたのは、先日ブログでもご紹介したところです。


年金運用の見直し



これに関し、民主党の長妻昭衆院議員が、運用見直しで想定される今後の損失額を質問主意書で問いただしたのですが、9日付の閣議決定された政府答弁書は非常に厳しいものとなりそうです。


経済「中位」のケースで、「確率95%で予想される最大損失額」は約21・5兆円もあり、見直し前の損失額(約10・4兆円)と比べて2倍に膨らむ可能性があるとのこと。



答弁書によると、仮に「リーマン・ショック」が起きた2008年度に当てはめた場合、損失(想定)額は約26・2兆円で、当時の損失額(約9・3兆円)の3倍近くになるようです。


今の国内相場は日銀が上場投資信託(ETF)を通じて株式を買い支えている「官製相場」と言われています。


今の国内相場はある意味で、無理やり日銀が金融緩和策により相場を作っているところがありますので、米国や欧州の景気等不安材料がる今の市場を考えると、非常に不安定な状況にあります。


国民の老後に備えるための年金資金の株式比率を高める事には、非常に大きな反発の声もありましたが、今その時の懸念が顕在化する可能性を膨らませています。


家計で考えれば、年金資金は、老後の蓄えのようなもの。


それをリスキーな株式運用で確保しようというのには、少し限界があるのかもしれませんね。


杞憂に過ぎなければよいのですが・・・・


ちょっとお勧めこのお店 152(金の穂銀の水)PageTop年金の世代間格差は本当にないのか?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1507-e0ba4ad5

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示