Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ルールはどこまで必要なのか?


就業規則などをはじめとする職場内ルールや人事制度等によるルール


私たちは通常、生産性・品質を高めるために、業務を細分化し社員に役割を与え、ルールを作ることで目的を明確にしたり評価を計測するものさしにして、ルールがある事を当たり前と捉えています。


一方で、法律的にも最低限のルールを守ることが求められており、この内容が年々厳しくなりつつあることから、多くの経営者が日本で人を雇用する事の難しさを口にするわけですが・・・


このような社内における様々なルールについて、チームラボの猪子さんが示唆に富んだとても面白いことを言っています。


それは、社内で組織をつくるために大切な事は、「いかにルールをつくるか」ではなく「いかにルールを無くしていく事ができるか」が大切なのではないかという提案です。


子供の行動を例に挙げ、人は本来生まれながらにして、生産的で創造性あふれる生き物であると言う観点から、このような話をされています。


企業の中で「協労」し、チームを創っていくために最低限必要なものは何か、この話はこれからの組織の在り方を考えるうえで非常に興味深いものがあります。





生産的で創造的で「楽しめる」組織をどの様にして作ればよいか?


これまでの常識を「ゼロ」にし、「時間軸」「賃金軸」から離れた組織のあり方について働き方も変わっていくのかも・・・


これは、良い会社、良い社員とは何か?に通ずるテーマなのかもしれません。


ルール 皆が自分で考えればルールはいらないかも。

厳しくなることが予測されるこれからの「働く」ということについてPageTop桐島、部活やめるってよ (お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1516-a802897c

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示