Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

日本人は休みすぎなのかも・・・


この度、 有給休暇消化の義務化を含む労働関連法規の改正が、1月26日召集の通常国会で審議され、2016年春からの施行が検討されています。


有給休暇消化の義務化とは、社員の希望をふまえて、有給休暇取得日を、あらかじめ企業が指定し、年間で数日分は有給休暇を取得させるように、企業側に義務付けようとするものです。


私は、以前より、結構日本人は休みが多いのにな~~、と感じていて、以前ブログにも「休みが多すぎる!!」なんて言う話を書いていましたが、その実感はある程度間違ってはいないようです。


日本の有給休暇消化率50%で、確かに欧米諸国と比較すると、高い取得率とは言えません。


有給取得率
Harris interactiveによる2014年8月から9月の調査による


ただ、これって有給を取得しなくても十分に休みがある、ということも言えるわけで、祝祭日を含めた休暇日数そのものを諸外国で比べてみると・・・


祝祭日


実は祝祭日は断トツに多くて、実際に休んでいる日を比較すると、世界の中でもそんなに悪くない感じなんです。


さらに、これ以外にも日本においては、有給休暇とは別に夏季休暇、年末年始休暇を付与するケースも多いわけで、海外の人から見ても、決して休みが少なくないのが実態なのです。


と、いうことで、企業側から見ればただでさえ勤務日数が少なくて困っている中、今以上に有給取得を義務付けるルールにどれだけ意味があるのかは、甚だ疑問です。


私は日本の休日に関する問題は、日数の過多よりも、休暇の構造が、土日、祝祭日と、夏季休暇と年末年始休暇といった、オフィスクローズに連動する形の強制的な形式にあると思うので、有給まで、その裁量制を失わせる(一部ですが)今回の改正は、やっぱりなんだかな~~と思います。


Association for Talent Development(ATD)の2014年総会の基調講演トピックスや、ハーバード・ビジネス・レビューのリポートをみると、組織を構成するメンバーへ最大限の裁量を付与すること、つまり、規制と義務化を極小化することこそが、組織の飛躍的な成長を実現するとするといっているわけで、そんな論調が世界の組織論の主流のなか、今回の流れは逆を行くもののような気がするのですが・・・


社員の健康維持の観点をもっと重視すると、無理やり有給取率どうこうより、もっと、現実的でかつ中小企業でも取り組みやすい、休日出勤時の振替休日や代休の取得の徹底をおこなったり、、深夜残業やサービス残業などの過重労働による健康障害を防ぐために、加重面からの定期診断の義務化やこれに関する基準の整備、過労死への罰則の強化等などについてもっと、考えていく事が大切だと思うのですが・・・


休みが増えると、家にいるお父さんのストレスはより増す、なんていう話もあるわけですし(笑)


7年連続最下位に終止符!有給休暇国際比較調査2014

ちょっとお勧めこのお店155 (鳥せい本店)PageTopツールの発展と生産性

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1536-f21ca2c8

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示