Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

睡眠によって脳のお掃除

春が近づき、ウツラウツラ、心地よい睡眠がとれる季節が近づいてきました。


眠いのは睡眠不足のせい、だったら要注意。


睡眠不足が続くと、思考を鈍らせ、仕事の能率を落とす原因になる可能性が。


米ロチェスター大学の調査研究で、脳は眠っている間だけ、有害なプロテインを神経細胞から除去する作業をすることが発見されたそうです。


脳には栄養や老廃物を運ぶための独自の循環系があり、睡眠時には脳細胞が約60%収縮するためにスペースが空き、脳脊髄液が流れやすくなるそうです。


これにより、老廃物を掻き出すいわば「ゴミ収集車」を通すために道を空けている状態が起き、これが睡眠の基本的役割だそうです。


よって、睡眠不足が続くと、うまく老廃物を廃棄できず、能率が下がってしまうというわけです。


このことは統計上にも現れていて、グラクソ・スミスクライン社が眠りと仕事のパフォーマンスについての調査を行ったところ、よく眠れた日の仕事のパフォーマンスを100%とすると、「あまりよく眠れなかった時」は平均55%まで落ちると回答があったそうです。


また、慈恵医科大の遠藤拓郎氏は、「3時間以内の睡眠を続けると、パソコンでの作業や車の運転など、視覚関連の仕事でミスをしやすくなることが、実験により明らかになっている」と主張しています。


ですので、よりよい仕事をするためにも、4時間半から6時間、土日にとれるなら7時間半ほどの睡眠が望ましいようです。


また、最近、コンピュータやスマートフォンによる眼精疲労による不眠もおこりつつあるようです。


目が疲れると、目の周辺の筋肉の緊張がとれず、全身の緊張がほぐれにくくなることが入眠や熟睡を妨げることになり、結果とした睡眠不足を引き起こすとのこと。


無題



では、短時間でも質のいい睡眠を得るためにはどうすればよいのでしょうか?


次のようなことが、大切なようです。

1)寝る数時間前にぬるめの湯につかり、副交感神経の働きを高める。

2)部屋を暗めにして、睡眠ホルモンメラトニンを分泌させる。

3)神経を休める音楽を聞いて、リラックスする。

4)身体を動かす、疲労させる。軽い動きで血行を良くする。

5)寝るときには、光と音を遮断する。

6)90分の倍数の睡眠時間とし、ノンレム睡眠時に起きる。


特に特殊なことはないのですが、寝る前にスマートフォンの画面を見ると、エスプレッソ一杯に匹敵する覚醒効果があるそうですので、上記のような事項をあえて意識することが必要な時代なのかもしれません。


充分な睡眠が危機管理の第一歩となり、いい仕事につながるとすれば、しっかり眠ることも仕事のうちとも言えます。

2015年6月からスタート  安全衛生優良企業公表制度PageTopQC的ものの見方・考え方(おすすめの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1568-f379c3e1

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示