Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

職場の人間科学


本日のお勧めの一冊は「職場の人間科学」(ベンウェイバー著)です。


本書は、近未来の人事労務管理について伺いする事ができる、極めて興味深い、面白い本です。


今は、多くの企業が、人が人を、評価しており、そこには、曖昧な基準があり、この部分が人事の妙でもあり、不満の原因にもなったりしています。


そして、社員のモチベーションを上げるにはどうすればよいのか、教育をどうすればよいか、などについても、心理学の観点などから、極めて文系的なニュアンスでこれらが語られています。


本書を読むと、近未来の人事労務は、その様な曖昧な要素が取り除かれ、データ重視によるこれまでとは全く違う、労務管理の時代の到来を感じます。


つまり、われわれの感情や行動、パフォーマンスといった、曖昧なものを、数値化する、定性化することによって、人事制度や研修等の結果を常に、定性的、定量的に分析、検証していく時代がすでにきているのです。


これができるようになった理由はやはりITの進展です。


先日販売された、アップルウォッチなどもそうですが、急速にウェアラブル機器も普及してきており、人々の行動を多角的な角度からとらえることができるようになり、また莫大な容量のデータを保存、簡単に分析ができるようになったことが、これまでの人事労務の在り方を変えるきっかけとなっているのです。


本書は、その様なビッグデータを利用して、理想の働き方を追求する各企業や研究者の取り組みがいくつも紹介しており、、その内容はどれもこれまでの私たちのアプローチとはまったく違ったものとなっています。


いやはや、凄い時代がもうすぐ目の前まできているのかも、そんなことを感じるとても興味深い一冊です。


ご興味のある方は是非・・・・



職場の人間科学: ビッグデータで考える「理想の働き方」職場の人間科学: ビッグデータで考える「理想の働き方」
(2014/05/23)
ベン・ウェイバー

商品詳細を見る

「こんなことで・・・」 たかが賃金台帳、されど、賃金台帳!!PageTopちょっとおすすめこのお店 163  (らーめん 隼人)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1590-723f2550

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示