Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ストレスチェック制度  省令、告示、指針

今年12月よりはじまる、ストレスチェック制度(従業員数50人未満の事業場については当分の間努力義務)


ようやく、この具体的な運用方法を定めた指針が公表されていますので要チェックです!!


その内容は下記のようなものです。


① ストレスチェックの実施方法など

(1)ストレスチェックに用いる調査票
事業者の判断により選択することができるものとするが、「職業性ストレス簡易調査票」(57項目)を用いることが望ましい。

(2)高ストレス者の選定方法
次の1)または2)のいずれかの要件を満たす者を高ストレス者として選定するものとする。この場合において、具体的な選定基準は、ストレスチェックを実施した医師等(以下、「実施者」という)の意見及び衛生委員会等での調査審議を踏まえて、事業者が決定するものとする。

1)調査票のうち、「心理的な負担による心身の自覚症状に関する項目」の評価点数の合計が高い者

2)調査票のうち、「心理的な負担による心身の自覚症状に関する項目」の評価点数の合計が一定以上の者であって、かつ、「職場における当該労働者の心理的な負担の原因に関する項目」及び「職場における他の労働者による当該労働者への支援に関する項目」の評価点数の合計が著しく高い者

(3)健康診断と同時に実施する場合の留意事項
ストレスチェック及び法第66 条第1項の規定による健康診断の自覚症状及び他覚症状の有無の検査を同時に実施することができるものとする。


② 面接指導の実施方法
事業者は、実施者からストレスチェックを受けた労働者のリストを入手する等の方法により、労働者の受検の有無を把握し、ストレスチェックを受けていない労働者に対して、ストレスチェックの受検を勧奨することができるものとする。


③ ストレスチェック結果の記録及び保存
ストレスチェック結果の事業者への提供について、労働者から同意を得て、実施者からその結果の提供を受けた場合は、事業者は、ストレスチェック結果の記録を作成して、これを5年間保存しなければならない。

労働者の同意が得られていない場合、事業者は、実施者によるストレスチェック結果の記録の作成及び当該実施者を含む実施事務従事者による当該記録の保存が適切に行われるよう、記録の保存場所の指定、保存期間の設定及びセキュリティの確保等必要な措置を講じなければならない。


④ 労働者に対する不利益な取扱いの防止
ストレスチェックを受けないこと、結果の提供に同意しないこと、または面接指導の申し出を行わないことを理由とした不利益取扱いを行ってはならない。

この不利益な取扱いの例として、ストレスチェックを受けない労働者に対して、懲戒処分を行うことが挙げられている。


⑤ 労働者の健康情報の保護
ストレスチェックの実施前または実施時に、事業者への結果提供に関する労働者の同意を取得してはならないとし、結果通知後に個別に同意を取得しなければならない。

同意を取得する場合は次に掲げるいずれかの方法によらなければならないものとする。

1)
ストレスチェックを受けた労働者に対して当該ストレスチェックの結果を通知した後に、事業者、実施者又はその他の実施事務従事者が、ストレスチェックを受けた労働者に対して、個別に同意の有無を確認する方法

2)
ストレスチェックを受けた労働者に対して当該ストレスチェックの結果を通知した後に、実施者又はその他の実施事務従事者が、高ストレス者として選定され、面接指導を受ける必要があると実施者が認めた労働者に対して、当該労働者が面接指導の対象であることを他の労働者に把握されないような方法で、個別に同意の有無を確認する方法

なお、ストレスチェックを受けた労働者が、事業者に対して面接指導の申出を行った場合には、その申出をもってストレスチェック結果の事業者への提供に同意がなされたものとみなして差し支えない。


ストレスチェック



上記③のストレスチェック結果の事業者への提供については、労働者の同意の取得は書面またはメールなどの磁気的記録で行うことになっています。


今後は、このストレスチェックをどのような体制で実施していくかを検討するとともに、ストレスチェック結果の取得同意書や面接指導申出書といったの様式等も準備しておく事が必要です。


またこのストレスチェックを実施後には所轄労働基準監督署に「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」を提出する事が必要となります。


思った以上大変な内容となっていますので、今からきっちり対策を講じていきましょう!!


改正労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」の具体的な運用方法を定めた省令、告示、指針を公表します


ストレスチェック制度に関する省令


ストレスチェックの実施者に関し厚生労働大臣が定める研修に関する告示


心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに面接指導結果に基づきj業者が講ずべき措置に関する指針

東大卒業式の式辞が素晴らしい!!PageTop黒字だとボーナスカットは禁止!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1592-c9ec4774

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示