Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

優れたリーダーになるための統計的なアプローチ

大企業には高学歴が大前提。


日本ではまだまだそんな風潮があるという人もいますが、世界では少しずつ変わりつつあるようです。


学歴や学校の成績があらゆるところで必要とされる流れが、アメリカではこのところ変わりつつあるとの事。


何故、このような風潮が出てきたかというと、人事にビッグデータが活用されるようになりつつあることが大きいようです。


ビッグデータを利用して、社員がリーダーとして成功を収める条件を分析した結果、仕事の成功と学歴が全く無関係であることがわかってきたそうです。


我々の典型的なイメージは間違いだったようで・・・


結論から言うと、分析の結果、リーダーとしてもっとも重要な資質は、卒業した学校やIQではなく、「日々の行動が予測可能な事」。


こういう人ほどリーダーに適していることがわかったそうです。


このような結果を出したのはあの有名なGoogle。


Googleは、世界でも有数のデータ指向企業で、「人材分析」専門のチームを持っています。


チームの仕事は、「開発に適用する厳密さを、人材にも適用する」ことで「人事に関するすべての決定は、データおよび分析に基づいて行う」と言っているのですから、日本の状況を鑑みると少し驚きです。


結果、直感に頼らない、エビデンス(証拠)ベースのアプローチをとることで、人事上昔から言われている事を覆すような事がわかってきました。


同社では2年に1回、全社員が上司を12~18の要素について評価する「上方フィードバック評価」を行なっており、数万人に及ぶ、面接の結果と実際の業務における成功を関連づけるだけのデータはもっているそうです。


このようなデータを分析した結果、リーダーは予測可能かつ一貫していることが大切で、上司が予測可能であるほど、部下の進捗を邪魔する障害物(上司自身)をなくすことができ、部下は安心して仕事を進め、優れた仕事をするための余裕が生まれるようです。


また、 リーダーが一貫することで、部下は自主性を持って仕事に取り組き、個人の生産性を高める傾向があるとの事。


上司は一般的に、干渉・指図・口出し、出しゃばりをしがちですが、これは『障害』になりがち、又、「すぐに理性を失う上司」もアウトで、部下は何をしていいのかわからず、抑圧されている感覚に陥ってしまいます。
(あ~~、確かにと、その像が思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか(笑))


リーダー


上記結果は心理学的にも認められるようで、心理学者のEdward DeciとRichard Ryanは、投資銀行の従業員数百名を対象に、仕事での満足度調査を実施した結果、もっとも満足度が高かったのは、上司が部下の仕事をうまく支援している場合だったそうです。


これらの上司は、仕事を進めることに関する知識、激励、仕組みという、「自主性のサポート」を提供していました。


又、これは、満足度だけの話ではなく、自主性を持っている従業員は、仕事の業績も高いことが示されました。


『モチベーション3.0』で有名なダニエル・ピンクも著書の中で、「モチベーションと最高の仕事をもたらす源は、自主性、技能の習得、目的を追求するという人間本来の性質である」と結論付けています。


優れたリーダーシップは天才的なものを求められるのではなく、むしろ、退屈で予測可能で、チームへのサポートを提供することが大切なんですね。


もちろん、組織の規模、募集者の社会参入への動機等、環境要因を踏まえることは大切だと思いますが、企業には上記のようなデータを参考に、組織の在り方を考えていく事がこれから大切になりそうですね。

ストレチェック制度 Q&APageTopイスラーム 生と死と聖戦(おすすめの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1610-bddadd78

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示