Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

年金個人情報流出問題に対するQ&A

日本年金機構の個人情報流出問題


新聞やテレビで、大きく取り上げられ、これに便乗する詐欺も起こり、大変な問題となっています。


そんな状況ではありますが、この問題に対し厚生労働省は、日本年金機構不正アクセス事案検証委員会を設置し、不正アクセス事案を検証、その原因究明と再発防止策の検討を始めています。


同時に日本年金機構のホームページは、脆弱性が見つかったとして、一時停止になっています。


一方で厚生労働省は「日本年金機構不正アクセス事案に関するQ&A」を発表し、多くの疑問に応えようという姿勢を取っています。


その内容は次のような感じです。


<事案の概要について>
Q1:日本年金機構からどのような情報が流出したのですか。

Q1:今回の問題はどうして起こったのですか。
国民の皆様のご心配について

Q3:自分の年金は大丈夫でしょうか。「消えた年金」のように自分の年金がなくなったり減ってしまうことはないのですか。

Q4:今回の個人情報流出によって、受給者の方の年金が横取りされることはないのですか。

Q5:年金事務所での年金相談では、本人確認はどのように行うのですか。

Q6:問い合わせのフリーダイヤルがつながらないのですが、私の情報は大丈夫なのでしょうか。

Q7:日本年金機構から個人情報が流出した方への連絡は、どのように行うのですか。

Q8:我が家に不審な電話がかかってきました。流出した個人情報を悪用した詐欺事件に巻き込まれないか心配です。


<事案への対応状況>
Q9:今回の問題に対し、厚生労働省と日本年金機構ではどのような対応をとっているのですか。

Q10:今回の個人情報流出の事実を知ってから公表までに時間がかかっており、対応が遅いために被害が拡大したのではないですか。

Q11:流出したのは本当に125万件だけなのですか。

Q12:日本年金機構の情報管理はずさんであり、今後も情報流出を起こさないか心配です。

Q13:厚生労働省による日本年金機構の監督が不十分だったのではないですか。

Q14:政府全体の取組みはどうなっていますか。

今回、多くの方が自分の個人情報が漏えいしているのではないかと不安を抱いていると思いますが、Q6の回答として、6月3日から、約1,000台のフリーダイヤルを増設しているそうです。

個人情報の漏洩は深刻な問題ですが、これまでにも大企業で多くの個人情報流出が起きています。

どこまでセキュリティーをしても人が関与する以上、人的事故は起こりうるのであれば、セキュリティーを漏らさない、ことを前提にSystemを考えるのではなく、情報は漏れる可能性があることを前提にSystemをどうしていくかを考えることも大切なのかもしれませんね。

マイナンバーの施行まであとわずか、どのように情報を集中させ、利用していくのか、今一度考えても良いのかもしれません。

Q&A

日本年金機構不正アクセス事案について

ちょっとお勧めこのお店 172 (キッチン大宮)PageTop労災と解雇の関係

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1641-76562da3

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示