Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

過労死予備軍なるお話

ワークライフバランスが大切、とどの企業も言う世の中ですが、実態はまだまだ大きくかけ離れているのかもしれません。


先日、次のような記事が掲載されていました。


「過労死ライン」以上の残業時間
東京新聞が報じた長時間労働の実態調査(2015年6月1日付朝刊)によると、いわゆる過労死ラインと言われる月80時間以上の残業を認めている企業は99社中72社で、全体の72.7%を占めた。

また、残業時間を月100時間以上認めている企業は38社。

いずれも前回調査(2012年)と比べ、ほぼ横ばいだった。

依然、改善が進んでいない実態が浮き彫りになった形だ。

調査は、2011年決算期・東証一部売上上位100社対象、現在は合併で99社。

14年11月に各本社所在地の労働局へ「時間外労働・休日労働に関する協定届」を情報公開請求した。

この調査結果に対し、ツイッターでは諦めともつかない呟きが続出している。

「東証一部の上位100社でこれなら、中小の状況はもっとひどかろう」
「定時に帰れるのが基本で、一部激務の企業があるというならわかる。でも、実態は逆で、サビ残が大多数、定時帰りは極少数。こんなの『多様』という耳触りのいい言葉で表現していいことじゃない」

中には、「『特定の社員の長時間残業が常態化している』という課題に対する解決策が『ノー残業デーの残業禁止』という・・・」といった、もはや禅問答か!とツッコミたくなる話も。

こうした現状を改善するには、「会社に尽くしちゃう日本人。一律規制しないと長時間労働はなくならないと思う」と厳格な法規制を望む声も多く見られた。

一方、
「残業多い人は絶対昼間体力をセーブしている」
「長時間残業を続けると、残業を前提とした仕事をするようになる。結果、正規就業時間中の作業効率が悪くなる」
などと、残業する社員側の作業効率を問題視する意見もある。

高度専門職を対象とした、労働時間ではなく仕事の成果に応じて賃金を決める新制度を盛り込んだ労働基準法の改正論議が進むなか、残業の実態への関心はますます高まりそうだ。(KE) J-CASTニュースより



なかなかなくならない長時間労働。


別の調査を見ていると、管理職の意識が大きく影響していることがわかります。


どの様な調査課と申し上げますと、管理職の長時間労働をしている社員に対する評価の統計をとったもので、これによると、自身が長時間労働の管理職程「よく頑張っている」というような評価をする傾向にあることがわかっています。


まだまだ管理職自身が長時間労働であることが多い事を鑑みると、労働時間改善の前提には、管理職の意識変化が必要不可欠なのかもしれません。


そして、その様な意識変化を促すためには、会社トップの本気のメッセージが必要となるわけで・・・


組織風土からの改革が必要な長時間労働対策だけに、とても遣り甲斐がある、テーマです。

女高男低な就職戦線PageTop謙受の精神

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1646-c3f8ba0a

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示