Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

「ゆう活」のすすめ

政府は国民の働き方改革として「ゆう活」を強力に推進しています。


先日、安倍総理が、ゆう活を率先するという報道も流されたばかりです。


ゆう活とは、明るい時間が長い夏の間は、朝早くから働き始め、夕方には家族などと過ごすという、夏の生活スタイル変革のことを意味します。


この取り組みについては、危機管理の担当や交代制勤務の職員などを除き、すべての国家公務員51万人の4割にあたる約22万人が参加することが決定していて次のような取り組みを始めます。


■全省的な取り組み

ゆう活(夏の生活スタイル変革)と超過勤務縮減の徹底

原則として、全職員を対象に夏期(7~8月)の2か月間、勤務時間を1時間前倒し(本省以外においても、行政サービスの低下を招かない範囲で実施)


全庁省一斉定時退庁日(水曜日)には、20時までの庁舎消灯の励行


原則16:15以降に会議時間を設定しないことや、調査・作業依頼等の48時間ルールの徹底

テレワークの推進強化

・現在原則課長補佐以下とされている対象者を、課室長以上にも拡大

休暇(年次休暇・夏期休暇)の一層の取得促進

・夏期の特別休暇(3日)と年次休暇(2日以上)をあわせて、連続1週間以上の休暇取得を促進等


■厚生労働省独自の取り組み

働き方改革

(1)在庁時間の縮減
・原則20時までに退庁
・やむを得ない場合でも22時までには退庁
・必要な場合は、翌日朝勤務で対応等

(2)早出・遅出勤務
・国会対応等の他律的業務等について早出・遅出勤務を活用
・10時間の勤務間インターバルを設ける

(3)テレワーク
・育児・介護等、配慮を要する職員をはじめ希望する職員についてテレワークを活用


休み方改革

年間16日以上・少なくとも全職員の65%が、月1日以上の年次休暇を取得

(1)年次休暇
・全職員がマンスリー休暇を取得(毎月1日以上の年休取得)

(2)夏期休暇
・全職員が連続1週間以上の休暇を取得

(3)その他の休暇
・全職員がGW・年末年始に、1日以上の年次休暇を取得。(マンスリー休暇とは別に)

 
現在国は、過重労働対策とゆとりのある生活の実現にかなりの力を入れている以上、民間企業においても上記のような取り組みに着手しながら、企業の競争力を落とさないような工夫が求められています。


時短推進もいいですが、一方で、その影響が中小企業の経営を圧迫しないよう、官民全体で皆で、ゆとりある生活が送れるよう、お互いに協力し合えるような取り組みも大切にしてほしいものです。


ゆう活 - はじめよう!夕方を楽しく活かす働き方

厚生労働省における「ゆう活(夏の生活スタイル変革)」の実施方針概要

厚生労働省におけるワークライフバランス推進強化月間の取組

夏の生活スタイル変革(ゆう活)について -はじめよう!夕方を楽しく活かす働き方

ちょっとおすすめこのお店 174 (淀川邸)PageTop労働基準監督署への申告状況

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1657-7145e856

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示