Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

現場に人がいなくなる?


 このところ、急速にITが発展し、これと繋ぎ合わせる形でロボットの開発も日々進化しています。


少子高齢化社会の日本、労働力不足を補うために、ロボットの活用を!!というような事が言われますが、こちらも急速にその普及が進もうとしているのかもしれません。


 昨日、下記のような記事が掲載されていました。


以下、ビジネスジャーナルより

ロボット新時代である。ロボットは自動車工場など製造業の現場で省力化の先兵だったが、活躍の場は非製造業に広がってきた。


ソフトバンクが、子会社で仏ベンチャー企業のアルデバラン・ロボティクスと開発した人型ロボット「ペッパー」は、人工知能を駆使し、巧みな会話を武器に店頭で接客業務を担う。そんな人工知能を搭載したロボットが接客の主役となる、ロボットホテルが誕生する。

ロボット開発企業の技術を結集したロボットホテル

 長崎県の大型リゾート施設ハウステンボスは7月19日、ロボットホテル「変なホテル」(2階建て、72室)を開業する。「先端技術を駆使し、改良を重ね、変わり続ける」という意味で名づけられた。

 
 格安旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)の会長で、傘下のハウステンボスの社長を兼務する澤田秀雄氏が仕掛け人である。「世界最高の生産性を持つローコストホテル」(澤田氏)を目指して東京大学などと共同で研究し、10台の人工知能搭載ロボット導入を決めた。


 変なホテルの接客の主役はロボットである。フロント係は人型ロボット。荷物の回収や運搬、清掃など主要業務はロボットが行う。部屋に入ると、ハウステンボスのキャラクター「ちゅーりー」の小型ロボットが宿泊客に「お疲れさま」と声を掛け、照明や空調を調整する。顔認証システムが導入されており、滞在中ルームキーは不要だ。


 澤田社長は、ロボットの導入で人件費を同規模の一般的なホテルに比べて6~7割削減できると試算している。今後、ロボットホテルを5~10年のうちに国内外で100~200に拡大することをもくろむ。


 ロボットホテルには、アルデバラン・ロボティクスをはじめ人型ロボット開発ベンチャーのココロ、産業用ロボットに強い安川電機もロボットを提供している。


 変なホテルは、さながら国内外のロボット開発企業の先端技術を結集した実験場となった。


政府が成長戦略と位置付けるロボット新戦略


 日本のお家芸のひとつが産業用ロボットだ。多関節ロボットはファナック、安川電機、スイスABB、独KUKAが世界の4強である。


 安倍晋三政権が今年2月に決定した「ロボット新戦略」では、日本が世界のロボット開発拠点となることを掲げ、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の国内ロボット市場を、現在の6000億円から4倍の2兆4000億円に拡大する目標が盛り込まれた。


 非製造業では介護・医療や、人手不足が懸念される物流、飲食、ホテル・旅館や農業、さらには災害対応などでロボットの新規導入を想定している。


ロボット


 5月15日、政府主導の産学官組織「ロボット革命イニシアティブ協議会」が発足した。ロボット新戦略の推進団体だ。発足に当たって、挨拶に立った安倍首相は「新たなロボット革命を巻き起こす」と宣言した。


 今はまだ産業用ロボットは日本のお家芸といえるが、次の時代に欧米の単なる下請けになってしまうことを安倍首相は懸念して
いる。その背景には、人工知能を搭載した次世代ロボットの開発で欧米に先行を許しているとの危機感がある。


次世代ロボットの担い手として期待が高まる安川電機


 そこで、次世代ロボットの担い手として期待されているのが安川電機である。


 同社は1977年、油圧ではなく電気を使った産業用ロボットを国内で初めて発売。その後、産業用ロボットの出荷台数で世界一になった。15年3月期の連結決算の売上高は前期比10%増の4001億円、純利益は46%増の248億円で、7期ぶりに過去最高を更新した。北米などで自動車向け産業用ロボットが伸びた結果だ。


 中国が世界一の自動車大国になったのに伴い、産業用ロボットの需要は拡大したが、その一方で中国のロボットメーカーが台頭し、今後、日本企業の競争力が低下するのは避けられない情勢だ。


 そのため日本企業は、将来的に大市場になると見込める医療や福祉、生活支援を中心としたロボットを製造する方向に転換している。


 安川電機は自動車用溶接ロボットで長年培った技術を生かし、医療・福祉分野のロボット開発を加速させている。脊髄損傷患者が再び歩けるようになる装着型歩行支援装置や、要介護者をベッドから車いすに移動させるのを支援する装置を開発した。


 変なホテルでは、荷物をアームで持ち上げてロッカーに収納する安川電機のアームロボットが、荷物の一時預かりを担当する。


 安川電機は、産業用ロボットから医療、福祉、生活支援ロボットへと大きく舵を切った。


 このような流れは、常に人材不足に悩む、サービス業の取っては非常に魅力ある話なのかもしれません。


 我儘なパートさんのいう事を聴く必要もなく、急な欠勤もなく、安定的にサービスが提供できるようになり、さらにコスト効率も上がるわけで、現時点ではまだまだ、実験段階の取り組みだと思いますが、ある程度の実効性が確保されてくると急速にその流れは進展していくと考えられます。


その様な時、「人」は何をなすのか?  新たな課題も出てくるでしょう。


知的労働と言いますが、全ての人がそのような仕事をできるわけではありませんので・・・

ベーシックインカムは「あり」なのか「なし」なのかPageTopモチベーションと報酬

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1665-766bcbb6

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示