Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ほどほど希望の若者たち

公益財団法人日本生産性本部が毎年行う「新入社員「働くことの意識」調査結果」が発表されています。


平成27年度は新入社員2,026人を対象に調査しています。


結果、次のような結果でした。


●「人並み以上に働きたいかどうか」では「人並みで十分」がさらに増加(昨年52.5%→53.5%)し、「人並み以上に働きたい」(昨年40.1%→38.8%)を大きく上回り、過去最高となった。働き方のほどほど志向が強まっている。(3頁参照)


●「どのポストまで昇進したいか」については、10年前(平成17年)と比べると、男性では社長という回答は大きく減り(27.0→17.4%)、部長と課長が増加している。一方女性では、専門職志向が低下(34.1→27.2%)するとともに、部長が増加する(7.2→10.5%)など、女性の昇進志向が高まる傾向が見受けられる。(4頁参照)


●「デートか残業か」では「残業」(80.8%)「デート」(19.0%)と、プライベートな生活より仕事を優先する傾向だが、ここ数年は「デート派」が増加している。(4頁参照)


●「就労意識」「生活価値観」「対人関係」では、全体として職場や仕事へのコミットメントの低下傾向や淡白な印象が見られ、いわば「サバサバした」傾向が見受けられる。昨年度と比べて変化の大きな項目は以下の通り。(6・7・8頁参照)
                                     昨年度→今年度 
-「同僚が残業していても自分の仕事が終わったら帰る」…35.1%→41.5%(+6.4ポイント)
-「友人といるより一人でいる方が落ち着く」        …47.3%→51.9%(+4.6ポイント)
-「収入がよくなくても、やり甲斐のある仕事をしたい」  …62.9%→57.8%(-5.1ポイント)
-「すこし無理なくらいの目標をたてた方ががんばれる」 …74.3%→69.9%(-4.4ポイント)
-「面白い仕事であれば、収入が少なくても構わない」  …54.9%→51.5%(-3.4ポイント)


hodohodo.jpg


結果を見ると、「熱血、猛烈、とにかく頑張れ!!」というような風潮は通じなくなってきていることがわかります。


仕事は生活の為、という感じなのでしょうか?


また昇進意欲のところを見ても、男性の意欲低下はさみしい限りです。


人生何事も一生懸命したほうが人生は豊かになると思います。


ワークライフバランスも大切ですが、プライベートも仕事も「ほどほど」ではなく、どっちも全力投球、そんな感じのほうが楽しいよ、という感じの私の考え方も、古めかしい感受性なのかもしれませんね。


受け手がこういう人が増えつつある中、企業としていかに社員のモチベーションを引き上げていくのか、難しい時代になりつつあります。


平成27年度 新入社員「働くことの意識」調査結果

マイナンバーを使うビジネスチャンスPageTopほんの1秒もムダなく片付く情報整理術の教科書

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1670-2c5635c8

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示