Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

決断もコンピューターに?

近年、IT進化が急速に進み、仕事の様々な分野で私たちをサポートしてくれるようになりました。


これに、今後はビッグデータの活用も相まってこの傾向は一層強まってくると予測されます。


そんな中、日本経済新聞の記事で次のような記事が掲載されていました。



「カジノを禁止すべきか」――。

日立製作所は22日、賛否が分かれる話題について、それぞれの意見を理由とともに表明する人工知能ソフトを開発したと発表した。

仕事や家庭生活で決断を迫られたときに、新たな視点を示唆する「ご意見番」としての活用を目指すという。

人工知能は、約970万件の英文のニュース記事を分析。カジノ禁止の議題で実験したところ、様々な単語が記事中でどう使われているかを解読し、根拠に相当する文章を抜き出した。

禁止に賛成する立場の意見として「ギャンブルは健康に良くない」「犯罪が増加する」などの意見を示し、反対意見では「シンガポールでは経済成長につながった」と指摘した。

 将来は人の判断を助けるような役割を期待している。

今後は企業の業務書類を使い、仕事に役立つ意見を提案できるかどうか実験する。


いろんな業務が機械とITとの融合により、取って代わられつつある中、人の役割について考える必要があると言われている今日この頃。


ついに考え、意見までも持つ、コンピューターができるようになりつつあるようです。


いずれば決断までもできるようになるとも言われています。
(逆に優柔不断で決めきれない、と言うのは人間独自のものかもしれませんが(笑))

このようなコンピューターが将来の私たちの仕事に与える影響を考えると、なかなか考えさせられるものがあり・・・


2040年問題が大きな話題となっていますが、人とコンピューターがどのように共に働いていくかについては、今後も要注目の課題です。

パワハラの研修資料が公表されていますPageTop厳しい障害者雇用納付金

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1678-c4d0759e

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示