Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

労働者災害補償保険の「年齢階層別の最低限度額及び最高限度額」が変更

労働者災害補償保険の「年齢階層別の最低限度額及び最高限度額」が変更されました。この告示は、平成27年8月1日から適用されます。


<改正の概要>

1 年齢階層別の最低限度額及び最高限度額の変更
平成27年8月1日から平成28年7月31日までの間の年齢階層別の最低限度額及び最高限度額を次の表のように定められました(表中のかっこ書は、変更前の額)。

労災上限

〔確認〕
年齢階層別の最低限度額及び最高限度額は、休業補償給付・休業給付に係る給付基礎日額(療養開始日から起算して1年6か月を経過している場合に限る)及び年金たる保険給付に係る給付基礎日額に適用されます。

これらの給付基礎日額(スライド制が適用される場合にあっては、スライド後の金額)が、最低限度額に満たないか又は最高限度額を超える場合には、最低限度額又は最高限度額がこれらの給付基礎日額となるしくみです

この年齢階層別の最低限度額又は最高限度額は、一般的労働者の年齢階層別の賃金構造の実態等に基づき、毎年見直すことになります。


2 自動変更対象額について
労働者災害補償保険における自動変更対象額は、現在3,920円でですが、この額を新たに定める告示は公布されていません。(3,920円が引き続き適用される模様)。


〔確認〕
労働者災害補償保険における自動変更対象額とは、簡単に言えば、給付基礎日額の最低保障額のことを意味します。

給付基礎日額(スライド制が適用される場合にあっては、スライド後の金額)が、自動変更対象額に満たない場合には、自動変更対象額が当該給付基礎日額となる仕組みとなります。

この自動変更対象額は、毎月勤労統計の平均給与額の変動に応じて、毎年見直すことになります(今回は据え置き)。


また同日の官報に、次のような告示も公布されています。

・労働者災害補償保険法の規定による年金たる保険給付等に係る給付基礎日額の算定に用いる厚生労働大臣が定める率を定める件(平成27年厚生労働省告示第327号)

・労働者災害補償保険法第16条の6第2項等の厚生労働大臣が定める率を定める件(平成27年厚生労働省告示第328号)

※ これらの告示(第327号・第328号)は、労働者災害補償保険の年金及び一時金の額の改定に用いる率(いわゆるスライド率)を定めるもので、このスライド率は、毎月勤労統計の平均給与額の変動に応じて、毎年見直すことになっています。

ちょっとお勧めこのお店 180(フスマにかけろ 中崎壱丁 中崎商店會1-6-18号ラーメン)PageTop傷病手当金と出産手当金

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1693-be76bddb

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示