Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

仕事がなくなり、人口が爆発する世界

先日、ダイヤモンドオンラインがAI技術の進展による私達への影響について特集記事を掲載していました。


これによると、英・オックスフォード大学が13年に発表した論文では、米国の702の職業別に機械化される確率を示し、「今後10~20年で47%の仕事が機械に取って代わられる高いリスクがある」と結論しているそうです。


約半分の仕事です。


従来、機械の「技術的進歩」とは身体を使う「手作業の機械化」に限られており、単純作業等が機械にとってかわられるようぐらいですんでいたのですが。


今の技術的進歩は人間の領域とされてきた「認知能力を必要とする幅広い仕事の機械化」にも及んできているとのこと。


「ビッグデータ」による情報分析と「センサー技術」による認識能力を利用し、脳科学の研究成果を応用することで、脳を構成する無数のニューロン(神経細胞)のネットワークを工学的に再現したAIが今、開発されつつあるそうなのです。。


これはコンピューターが「あらかじめプログラミングしたことしかできない」単なる機械から、人間の脳のように「なにかを学んで成長する能力」を備えるものに変化する事を意味するとのこと。


想像するだけでもなんとも恐ろしい事のような気がするのは私だけでしょうか?



人間は疲労し、集中力が低下し間違いを犯します。また休憩や睡眠も必要です。


さらに、人間は常に正確に判断するために必要な情報量を持つには限界があり、思考にバイアスがかかることもありますが、機械は疲労せず、休息の必要もありません。


大量の情報を迅速に分析し、正確に判断を下すこともでき、思い込みで間違うこともないことなどは、AIの発達が、広範囲な業務における「人間の限界」と「機械の優位性」を明らかにしつつあるといえます。


このように私たちの未来の役割が、どのようになっていくのか、不安が出てきている流れの中で、AIとともに「再生医療」技術も急激に発達しています。


山中伸弥京都大学教授のノーベル賞受賞で有名なあのiPS細胞などの開発です。


この技術の発達は極端にいうと、「人体の組織が欠損した場合に幹細胞などを用いることによりその機能を回復させる」わけですがから、「人間が簡単に死ななくなる」ことを意味します。


と、いうことは・・・


「人間の仕事の半分が失われる」時代が到来し、一方、先進国に未曽有の高齢化社会を、新興国に人口大爆発をもたらす時代がすぐそこまできているというわけで・・・・・


なんとなく、技術は発展すればよい!!という感じでこれまで来た私達ですが、ここにきて、「どのように発展していくか」という事も真剣に考えなくてはいけない時代が来ているのかもしれません。


皆が皆、クリエイティブなわけではありませんのでね。


科学が人間の仕事を奪い、人口を爆発させる恐怖の未来図

「こころほっとライン」が開設PageTop交流分析のススメ(お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1717-c4dfe7f7

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示