Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナンバーQ&Aの追加

先日、厚生労働省から「雇用保険業務等における社会保障・税番号制度への対応に係るQ&A」が公開されていますが、このQ&Aが追加されています。


今回は下記の20項目が新たに追加されていますので、3回に分けて見ていきましょう!!


追加Q1
個人番号の届出義務が努力義務であるのであれば、届出をしない場合であっても罰則等の適用はないのか。

雇用保険手続の届出にあたり、個人番号を記載しなかった場合や誤りがあった場合の罰則規定は、雇用保険法上設けられておりませんが、個人番号の記載は番号法上求められている努力義務ですので、御協力・御理解をお願いします。

※ あくまで協力にとどまるというところが微妙な部分ですね。


追加Q2
個人番号と被保険者番号の両方を記載して届出させるのではなく、個人番号の記載に一本化するべきではないか。

ハローワークにおいては、基本4情報のうち住所情報を有していないことから、従業員の個人番号を収集し、被保険者番号との紐付けを行う必要があるところです。
このため、個人番号と被保険者番号の両方を記載して届出していただくこととしています。
※ それじゃ住民情報を追加すればいいじゃん!!と思うのですが、まぁ制度ができた以上そうは言えないのでしょう。
   兎にも角にも今回のマイナンバーでこれまでの無駄な対応が結構浮き彫りになりますね。

追加Q3
高年齢雇用継続給付について、「事業主の方が提出することについて労使間で協定を締結した上で、できるだけ事業主の方に提出していただくこととしています」となっているが、根拠規定があるのか。

雇用保険法施行規則第 101 条の8により、労使協定が締結されている場合には、事業主が被保険者に代わって高年齢雇用継続給付の支給申請を行うことができることとされており、個人番号の記入の有無に関わりなく、同様の取扱いとしています。
※ マイナンバーについてはこのように根拠規定がどこにあるのかわからない事がたくさんあります(T_T)/~~~

追加Q4
事業主が行う高年齢雇用継続給付の手続きについては、番号法で規定する「個人番号関係事務実施者」にならないのではないか。

番号法9条3項に規定している個人番号関係事務とは、「個人番号利用事務に関して行われる他人の個人番号を必要な限度で利用して行う事務」であり、当該規定については、法令等の規定により、事業主等が当該事務の処理に関して必要とされる他人の個人番号を記載した書面等を提出することを想定しているものです。
個人番号を利用する雇用保険の事務については、「番号法別表第1の57」及び「番号法別表第1の主務省令で定める事務を定める命令」において高年齢雇用継続給付の事務を含む雇用保険の事務を規定しているところであり、また、事業主は、雇用保険法施行規則第 101 条の8を根拠に、被保険者に代わって提出することができるため、これらの事務を含めて事業主は個人番号関係事務実施者になると考えています。
※ こうなってくると普通の人には理解できないでしょうね。条文を並べるのではなく、そこにどのようなことが改定有るのかを踏
   まえての説明をしてくれると、もっとわかり易くなるのですが・・・なんかいろいろ突っ込まれたくないのでしょうね。

追加Q5
個人番号カードの写しを取った上で、事業所において保管することはできるか。

個人番号関係事務においては正しい個人番号が取り扱われることが前提ですので、事業者は、個人番号関係事務を実施する一環として、個人番号カード等のコピーを取得し、個人番号を確認することが可能と解されます。
なお、取得したコピーを保管する場合には、安全管理措置を適切に講じる必要があります。(平成 27 年8月6日特定個人情報保護委員会作成Q&A6-2-2)
※ 保管の仕方をどうすべきか?クラウドは本当に安全なのか?そもそもこのような大切な番号の管理を一企業にすべて任せ
   て良いのかどうか?いろいろ言われている部分ですね

追加Q6
従業員から個人番号の提供が受けられなかった場合は、理由書の提出が必要となるのか。

個人番号の提供が受けられなかった場合であっても、理由書の提出や提供が受けられなかった理由等の説明は不要です。
※ と、いうことはマイナンバーを出さなくていいという事なのでしょうか???

追加Q7
従業員の個人番号を届出しなかった場合に、ハローワークから督促等がされるのか。

事業主の個人番号の届出は努力義務であり、強制力をもって届出を行わせる性質のものではないことから、個別に個人番号の届出の督促を行う予定はありません。ただし、広く届出の協力依頼は行っていくこととしています。
※ なかなか微妙な表現です。これだけ管理リスクを考えると「そもそも預からない」なんて選択肢も可能になるのでしょうか?


まあ、ツイツイケチをつけてしまう内容が多いのですが、適切に対応できるよう、今後もしっかり確認していきたいものです。


明日、明後日で、全てを掲載予定です!!

マイナンバーQ&Aの追加 ②PageTop年次有給休暇取得促進期間

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1733-dca16ade

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。