Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

意識の高いデブ (おすすめの一冊)

今回のおすすめの一冊は「意識の高いデブ」(意識の高いデブ 著)です。


本書はタイトルを見つけた時、惹きつけられるように手に取ってしまいました。

中身は、意識の高いデブさんが、ツイッターでつぶやいた、意識の高いデブ語録をまとめたものなのですが、中身が突き抜けていて面白い。

おデブさん特有のあるあると共感できるネタから、デブに対するポジディブシンキングまで意識高い系のデブの発想が綴られていて、私などはまたまだ意識が低いな、と反省させられたのでした(笑)

まぁ、何も考えずガハハと笑って楽しむ時間潰しにはもってこいの一冊です。、

本社の中から幾つか語録をご紹介。

「食欲がある事と、食欲がない事、どちらが深刻だと思うか一度考えて欲しい。
・・・食欲がないことだろ?
食欲があるという事は生きているということなんだ。
悩むことではない。俺はそう思う。」

「食を欠かさなければ「飲」になるんです。料理は飲み物ってことが証明されましたね」

「暴食したものがすべて太るとは限らん。しかし太れたものは皆すべからく暴食しておる」

「俺らデブが空間を加湿できる能力を持ってんだから、お前らガリも除湿できる能力くらい持てよ。俺らにばかり頼りすぎるなよ」

「LからXLへ。それはワンランク上の男になった証」

「一生一升でいてくれや」(プロポーズの時の言葉)

「幸せも白飯もおかわり自由の方が人生素敵やん?」

「想いが強ければ重いになる。心も体もそんなものだろ」

「好きな人と一緒に食事をするとき、
 ご飯が喉を通らない状態なのが「恋」
 美味しく感じるのが「愛」
 どんな状態でも美味しく感じられるのが「意識の高いデブ」なんじゃないかな」

「デブであることのメリットは初対面で相手から顔を覚えてもらいやすいことだ。
 デメリットは名前ではなく「あの太った人」として覚えられることだ」

「痩せたらモテすぎるから 敢えてデブでいる」

「空を掴むより、夢を掴む方が簡単だよ。
 でも、夢を掴むより、腹を掴む方がもっと簡単だろ?
 もっと視野を広く持とうぜ」

「地位も、名声も、名誉もいらない。炊き立てのご飯があれば俺は満足だ」

「俺が太っていることによって、周囲の人が細くみられる。俺はそういうところに幸せを感じているんだ」

「俺が日々太っていく理由は、昨日の自分に負けたくないからだよ?」

まぁ、何事もとらえ方が大切だとは思いますが、著者は絶対痩せませんね・・・(笑)

 ご興味のある方は是非 

意識の高いデブ 
意識の高いデブ  KADOKAWA/中経出版 意識の高いデブ (著)

テレワーク好事例集PageTopちょっとオススメこのお店 186 (Y's)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1737-35eb0171

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示