Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

健康保険の被保険者・被扶養者のマイナンバー

マイナンバーは、来年はとりあえず、税と労働保険分野、そして、再来年からは社会保険でも利用されることとなっています。


また、医療分野においても平成29年7月に医療保険者等の情報連携開始が目指されています。


そんな感じでとにかく着々と進むマイナンバーですが、先日9月30日に、厚生労働省が、健康保険組合理事長向けに「個人番号通知後の事務手続について」という通達を発出しています。


通達では、「被保険者及び被扶養者の個人番号の収集について」について述べられています。


その内容は、平成29年1月1日時点で被保険者と被扶養者である人のマイナンバーを収集するように通知しているというもの。


詳細は次の通りです。


【被保険者の個人番号の収集について】
健康保険法(大正11年法律第70号)第197条第1項に基づき、事業主に、平成29年1月1日時点で被保険者である者の個人番号を報告させること。なお、平成28年1月1日以降、番号利用法第14条に基づき、事業主に対し、被保険者の個人番号の提供を求めることができること。

また、事業主は、番号利用法第2条第13項に規定する個人番号関係事務実施者(以下「個人番号関係事務実施者」という。)として、被保険者の個人番号を収集する際に番号利用法第16条に規定する本人確認措置をとらなければならないこと。

なお、本人確認措置は、正しい番号であることの確認(番号確認)と現に手続を行っている者が番号の正しい持ち主であることの確認(身元確認)からなるが、身元確認については、雇用関係にあること等の事情を勘案し、本人であることが明らかであると健康保険組合が認める場合は、確認書類は不要であること。


【被扶養者の個人番号の収集について】
健康保険法第197条第2項に基づき、平成29年1月1日時点で被保険者である者に、当該被保険者の被扶養者の個人番号を、事業主を経由して届出をさせること(事業主には、健康保険法第197条第1項により、第二の1の報告と併せて当該被扶養者の個人番号を報告させること。この場合、事業主は個人番号関係事務実施者となること。)。なお、平成28年1月1日以降、番号利用法第14条に基づき、事業主に対し、被保険者の被扶養者の個人番号の提供を求めることができること。

この場合において、被保険者は、個人番号関係事務実施者として、その被扶養者の個人番号を収集することとなるため、被扶養者に係る本人確認措置は、被保険者が行うこととなること。健康保険組合は、別添を参考に事業主を経由して通知を発出するなどして、被保険者に対し、被扶養者の個人番号を届け出る際に、被扶養者の通知カードや個人番号カードを確認するなどの注意喚起を行うこと。


通達は健康保険組合理事長向け宛ですが、協会けんぽでも同様の取り扱いになると考えられます。


マイナンバーが進むと、これまで以上に扶養者の収入要件などが厳しくみられるようになります。


マイナンバーへの対策も含め、今のうちに、社会保険の扶養についても適切な取り扱いがなされているかどうか、確認しておくことが重要です!!


「個人番号通知後の事務手続について(平成27年9月30日保保発0930第8号)」

人は悩みやすい生き物だから・・・ PageTopマイナンバーのメリットはどこに?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1755-3c7e6d22

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示