Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

新ジョブ・カード制度推進基本計画

「生涯を通じたキャリア・プランニング」及び「職業能力証明」の機能を担うツールとして開発されたジョブカード。


個人のキャリアアップや、多様な人材の円滑な就職等を促進するため、労働市場インフラとして、キャリアコンサルティング等の個人への相談支援のもと、求職活動、職業能力開発などの各場面において活用されています。


とはいえども・・・・・


まだまだ普及状況が十分とは言えず、国はより一層の推進を進めようとしています。


そんな流れの中、昨日、 「新ジョブ・カード制度推進基本計画」が発表されています。


これまでのジョブカードの有り方を一度見直し、より使いやすく、より効果的にしようという思いが伝わってくる内容です。


新ジョブ・カードのコンセプト等は次のようなものが想定されています。


【コンセプト】
個人のキャリアアップや、多様な人材の円滑な就職等を促進するため、ジョブ・カードが、下記の 「生涯を通じたキャリア・プランニング」及び「職業能力証明」の機能を担うツールであることを明確にし、労働市場インフラとして、キャリアコンサルティング等の個人への相談支援のもと、求職活動、職業能力開発などの各場面において、一層活用されるよう、活用方法、様式等を見直す。

① 生涯を通じたキャリア・プランニング

キャリアコンサルティング等の支援の前提となる個人の履歴や、支援を通じた職業経験の棚卸し、職業生活設計等の情報を蓄積し、訓練の受講、キャリア選択等の生涯のキャリア形成の場面において活用する「生涯を通じたキャリア・プランニング」のツール

② 職業能力証明
免許・資格、教育(学習)・訓練歴、職務経験、教育・訓練成果の評価、職場での仕事振りの評価に関する職業能力証明の情報を蓄積し、場面・用途等に応じて情報を抽出・編集し、求職活動の際の応募書類、キャリアコンサルティングの際の資料等として活用する、職業能力を見える化した「職業能力証明」のツール
なお、「職業能力証明」のツールとしては、雇用型訓練等の職業能力形成プログラム以外の教育・訓練の成果の評価、職場での仕事振りの評価も追加するなど、より広範な職業能力証明の情報を対象とすること、「生涯を通じたキャリア・プランニング」のツールとしては、訓練受講などの特定の場面に限定せず生涯を通じて活用可能なものとすること、蓄積するキャリア・プラン関係情報を原則、個人の内部情報として取扱うことなどにより、より効果的に活用する。

また、上記の 2 つの機能のツールは、「生涯を通じたキャリア・プランニング」の機能を活用して、職業経験の棚卸し、職業生活設
計等を行い、その結果、訓練の受講、「職業能力証明」の機能を活用し求職時の応募に用いるなど、両機能を密接に関連づけて効果的に活用する。

さらに、上記の 2 つの機能を備えたツールとして効果的に活用されるため、入職段階から職業生活を通じて、これらのいわばプラットフォームとして、キャリアコンサルティング、企業担当者による相談などの個人への相談支援の充実を図る。


【情報の管理等】

① 基本的な考え方

新ジョブ・カードでは、職業訓練受講者、求職者のみならず、在職労働者を含む各層の個人が、入職段階から職業生活を通じて、職業経験の棚卸し、職業能力証明などの関係情報を、様式ごとに独立させて蓄積・保存し、自ら抽出・編集して活用する。
このため、当該情報を、原則、電子化し蓄積するとともに、労働者も容易に活用できる様式等とする。

② 作成者
ジョブ・カードは、登録キャリア・コンサルタントが交付するとされていたが、見直し後は、キャリア・プラン関係情報、職業能力
証明関係情報等を様式ごとに独立させて作成
することから、本人、能力評価者等が、それぞれ関係情報を、個人の了解の下で記入する。

③ 電子化及び情報の管理方法
新ジョブ・カードは、労働者等の個人が所有し、どの情報を企業等に提出するかは、個人の意思にゆだねるものである。
これらから、新ジョブ・カードの電子化及び情報の管理は、国が、電子化のためのソフトウェアの開発・提供を行った上で、労働者等の個人自らが、個別に、自らのパソコン等に情報を、管理する方式とする。
なお、情報の管理においては、セキュリティの確保も十分に配慮する。
また、ソフトウェアを提供するサイトには、新ジョブ・カードの使用方法とともに、関係する教育訓練、職業能力評価、キャリアコ
ンサルティング等に関する情報提供を行う機能を持たせる。
これらのソフトウェア及びサイトは、セキュリティの確保と併せて、使いやすく、分かりやすいものであることが重要であり、広報
等の専門家も関与した開発・構築が必要である。

ジョブカード


ざっくりとした所感ですが、なんとなく、使用とする方法はストレスチエックににたものがあるな~、と感じる内容です。


「キャリアを見える化する事はどこまで可能なのか」しかも、一つの企業内であればまだしも、多種多様な業種・価値観がある中での統一したこれらの取り組みは非常に難しい部分があると思われますが、よりよく、使い勝手がよくなればと思うばかりです。


新ジョブ・カード制度推進基本計画

(参考)見直し前のジョブ・カード様式(様式1~4-3)

マイナンバー通知カード 不在時の再配達に関する対応PageTop来年の給与から増税? 比較的所得が高い方の所得税に要注意!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1768-9dfa9145

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示