Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

社内における喫煙のお話・・・

就業規則などを作成していると、よく出てくるお話・・・


「休憩時間とかいいますけど、タバコ吸ってる時間はどうなりますの?しょっちょう煙草行ってるやつおりますで」


仕事中、頻繁に席を立って、戻ってきたらたばこの匂いが・・・とそんな人いますよね。


吸う人からすると、「これも効率的な仕事をするために必要なものだ!!」という事かもしれませんが(笑)


そんな「喫煙休憩」に対する非喫煙者が、ツイッター上で揚げたコメントが話題になっているそうです。


市民団体「兵庫県タバコフリー協会」が、「全国の公務員のたばこ休憩は1年間で給料920億円分」という試算を出したことを、ニュースサイト「産経WEST」が紹介した(2015年11月4日)のですが、この記事を受け、あるツイッターユーザーが


「喫煙者の喫煙休憩がなげーーーーーーーーーーーーというのは、非喫煙者はみんな思ってると思う。民間でも。しかし、僕が主張したいのは『喫煙やめろ。休憩すんな』ではなく、『非喫煙者にも同じくらい休憩時間くれ』である。」


と投稿(11月5日)。


これが、わずか1週間ほどで9000リツイートを超えたのです。


それに便乗する形で次から次にこれに同情するツイーとがおこっています。

「ほんまこれ 喫煙休憩いいなら、昼寝させてくれ」

「清涼飲料水飲みながらスマホいじるくらいは許されても良いはず」

「分かる。前の会社で、喫煙者が喫煙所に行っても何も言われないのに、彼らと同程度の頻度(1時間に10分程度)でトイレに行ってたら『あいつはトイレばっかり言ってる』と言われてたことがあったな」

などなど・・・・


喫煙&禁煙


学生向けサイト「フレッシャーズ」は、過去に「非喫煙者が喫煙休憩に代わってほしい休み時間」をアンケート調査していたのですが、その結果は次の通り(15年3月25日公表)。


圧倒的に多かったのが「お昼寝休憩」。他に「おやつ休憩」「ストレッチ・体操休憩」「マッサージ休憩」「眼精疲労開放休憩」 ( 非喫煙者406人を対象に調査)


まぁ、喫煙者ではない人も個人によっては、お茶を飲んだり、雑談をしたり、それなりに休憩を取っている事も有りますし、喫煙者だからといって、どの企業の上記のように自由な喫煙を認めていない企業もありますので、一概には言えませんが、社内待遇の公平性をめぐって、どのような取り扱いをしていくべきか・・・・・、皆様の会社はどんな対応をされていますか?


こういう話って、ネタとしては面白いですが、実際は、あまりルールで縛るのではなく、そこは常識の範囲の対応で、お互いが思いやりを持って行動すれば、問題はないのかもしれませんが・・・


法やルールで縛るは「下策」。思いやりや譲り合いの心で、気持ちよい職場を作ることの方が「上策」ですけどね!!

ちょっとおすすめこのお店 194(大養軒)PageTopどこまでボディタッチは許されるか?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1794-9a0df33a

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示