Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ストレスチェック面接指導報告書作成マニュアル

いよいよ12月1日からストレスチェックが始まっています。


来年の11月30日までに一度は実施が義務付けられているだけに、適用対象企業はそろそろ真剣に準備を始めなくてはいけませんね。


ストレスチェックは、本人からの申し出を受けて、はじめて医師の面接指導が始まるという流れです。


この際、実際にどのような流れで面接指導が行われ、どのような報告書・意見書が出てくるのかがよく分からないという質問があるようなのですが、そのような疑問に答える為に、厚生労働省が「長時間労働者、高ストレス者の面接指導に関する報告書・意見書作成マニュアル」なるものを公表しています。


このマニュアルでは、医師が面接指導の結果に基づいて作成する報告書・意見書の様式例とその記載例、そして報告書・意見書の作成の流れが示されています。


例えば、高ストレス者の医師による面接指導の流れは以下のような感じ・・・

労働者がストレスチェックを受検
     ↓
労働者への結果の通知
     ↓
高ストレス者からの面接指導の申出
     ↓
面接指導の実施
・勤務の状況(労働時間、労働時間以外の要因)の確認
・心理的な負担(ストレス)の状況の確認
・その他の心身の状況(心身の健康状況、生活状況等)の確認
・総合評価、労働者への指導
     ↓
事業者への意見具申
・面接指導結果報告書の作成
・就業上の措置に係る意見書の作成
     ↓
事業者による就業上の措置の実施

 マニュアルには次のようなチェックリストなども掲載されています。

(1)労働時間等に関するチェックリスト(例)
(2)労働時間以外の労働に関する負荷要因(例)
(3)疲労蓄積度のチェックリスト(例)
(4)心理的な負担(ストレス)の状況の確認の際の観点(例)
(5)心身の健康状況、生活状況の把握のためのチェックリスト(例)
(6)抑うつ症状に関する質問(例)
(7)脳・心臓疾患のリスク評価の方法(例)
(8)面接時の生活習慣・セルフケアのアドバイス(例)

スムーズな制度導入のために、これらをうまく利用していきたいものですね!!


【長時間労働者、高ストレス者の面接指導に関する報告書・意見書作成マニュアル】


医師が作成する報告書・意見書の様式(例)

労働時間等に関するチェックリスト(例)

疲労蓄積度のチェックリスト(例)

心身の健康状況、生活状況の把握のためのチェックリスト(例)

抑うつ症状に関する質問(例)

過重労働解消キャンペーン期間の相談結果PageTopマイナンバーの対応状況

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1802-30ae8eef

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示