Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

均等法施行30年の結果

 採用や昇進などの女性差別解消を目指す男女雇用機会均等法が施行された1986年に大手企業に入社した女性総合職のうち、昨年十月時点で約80%が退職していたことが、共同通信の調査で分かり話題になっています。


 均等法施行からことし4月で30年となります。


法施行により、基幹業務を担い幹部候補生である総合職での大卒女性の採用が始まりました。


均等法


しかし、現在50歳代前半となる法施行が適用された第一期生は、働き盛りで長時間労働が続く時期と子育ちの時期が重なり、その慣習が変わらなかったからか、法は施行されるものの、実際の定着には繋がっていなかった事が調査結果より見て取れます。


ただし、その後の世代の動向をみてみると、確実の均等法施行の影響が出てきていることが見て取れます。


改正法が施行され、採用差別禁止が企業の努力義務から義務になった99年採用の女性総合職(40歳前後)は人の退職率は74%。


転勤経験などで昇進に差をつける間接差別が禁じられた2007年採用(30代前半)になると、退職率は42%まで下がってきています。


定着率女性



この数字は、あるべき姿から考えると、まだまだ高いという意見もあるようですが、少しずつ着実に男女雇用機会均等法が進んでいるとみてもよいのではないかと思います。


今後、女性活躍推進法等により、今の流れは一層加速しするとは思われますが、法律だけでなく、男女がお互いを思いやる文化が根付き、名実ともに男女平等になる日が来ればいいな、と考えるのでした。

混乱するマイナンバーPageTopキャリアアップ助成金が拡充されます

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1856-8e6b6f26

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示