Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

健康保険関係に関する法改正

新しい年度が近づきつつある中、健康保険関係の取扱いも少し変わることが決まっています。


今回はそんな内容を・・・


【傷病手当金・出産手当金の日額計算方法】


現在の傷病手当金や出産手当金の日額は1日につき被保険者の標準報酬日額の3分の2に相当する額(1円未満四捨五入)が支給される事となっています。

(例)標準報酬月額240,000円(標準報酬日額=8,000円)の場合
1日につき8,000円×3分の2=5,333円(50銭未満の端数は切り捨て、50銭以上1円未満の端数は切り上げる)

これが、来年度より傷病手当金と出産手当金の日額の計算方法が、下記の通り、原則として過去1年間の平均で計算するように変更になります。

① 支給を始める日(以下「支給開始日」という)の属する月以前の直近の継続した12ヶ月間の各月の
標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する額。

② 標準報酬月額が定められている月が12ヶ月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した
各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額または支給開始日の属する年度の
前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した30分の1に相当する額のいずれか
少ない額の3分の2に相当する額


上記のような内容に変更される事で、過去1年間の標準報酬月額に変動がある人については、休業を行なうときの標準報酬月額の計算が、実際に受けることのできる日額の計算と異なってきますので注意が必要です。


この改正法施行に伴い、「平成28年4月1日現在」で既に手当金が支給されている人の日額の取扱いはどうするのか?という声がありますが、厚生労働省が発行した事務連絡によると、「手当金は日単位で支給するものであるため、平成28年3月31日以前は改正前の計算方法、4月1日以降は改正後の計算方法により額を決定することと」なるようです。(この場合の、過去1年分の平均を計算する基礎となる「支給を始めた日」は、実際に傷病手当金の支給を始めた日を指すとされています。)

持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律について


【平成28年度任意継続被保険者の標準報酬月額】
毎年、見直しが行われる任意継続被保険者の標準報酬月額。

先日、全国健康保険協会(協会けんぽ)から平成28年度分が発表され、平成28年度についても平成27年度の28万円で据え置きされる事となっています。

任意継続被保険者の標準報酬月額は、前年度の9月末 (1月から3月までの標準報酬月額については、前々年)における全被保険者の標準報酬月額を平均した額、またはその被保険者の資格喪失したときの標準報酬月額のいずれか低い方の額で決定され、平成17年4月に改正が行なわれてからこの額は変更されずに今に至っています。

協会けんぽ【健康保険】平成28年度の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限について」

サステナビリティ


持続可能な~~、の方の法改正は、このほかにも多くの方に影響を及ぼすことが明確な内容が網羅されています。

その中には、保険料の引き上げに関する内容や医療負担の引きあげに関するものも含まれており、厳しい財源の中、何とか現行制度を維持させようとする、ための施策が実行に移されようとしています。


ただ、これらの改正について、ただ財源が厳しいから、負担を引き上げ、給付を引き下げる、という単純な理論だけでなく、負担と給付の関係における抜本的な関係、今後100年を見据えた、制度の安定性と、国が国民をどのように守っていくか、というビジョンも合わせて考えていく必要があるのかもしれません。


そうしないと、行き当たりばったりの対応となり、気が付けば、事実上日本の国民皆保険制度が崩壊している、なんてことにもなりかねないのではないかと、懸念する今日この頃です。


私達、国民一人一人も、現在の制度が「当たり前」と思わず、興味を持って、そのありがたみに感謝しつつ、今後も制度が継続できるように、身勝手な制度利用をしないよう、意志をもって医療を受けることが必要なのかもしれませんね。

厚生年金未加入事業所に対する指導状況の現在PageTop混乱するマイナンバー

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1858-0a6d4008

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示