Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

秘密情報の保護ハンドブック

昨日、経済産業省は、秘密情報の漏えいを未然に防ぎたいと考える企業の方々が対策を行う際に参考にできる、様々な対策例を紹介した「秘密情報の保護ハンドブック ~企業価値向上に向けて~」を策定し、公表しています。


本ハンドブックでは、経営者をはじめ、企業の方々が秘密情報の管理を行う際の参考とできるよう、秘密情報を決定する際の考え方、具体的な漏えい防止対策、取引先などの秘密情報の侵害防止策、万が一情報の漏えいが起こってしまった時の対応方法等が紹介されています。

内容は次のようなものとなっています。

<自社の秘密情報の漏えい対策>
・保有する情報をどのように洗い出し、その情報をどのように評価するのか
・秘密として保持する情報と、そうでない情報を分ける際の考え方
・情報漏えい対策は、闇雲に実施するのでは非効率。犯罪学を参考に誰を対象とし、どういったことを目的と
するかに整理して対策を紹介

(5つの「対策の目的」)
 ① 秘密情報に「近寄りにくくする」 …アクセス権の限定、施錠管理
 ② 秘密情報の「持出しを困難にする」 …私物USBメモリ等の利用禁止
 ③ 漏えいが「見つかりやすい環境づくり」 …レイアウトの工夫、防犯カメラの設置
 ④ 「秘密情報と思わなかったという事態を避ける」 …マル秘表示、ルール周知
 ⑤ 社員の「やる気を高める」 …ワークライフバランス、社内コミュニケーション

<他社から意図せず訴えられないために>
・保有する情報は、自社の独自情報と立証できるようにしておく
・転職者の受入れ、共同研究開発など、他社とのトラブルが起きやすい場面ごとに対応策を紹介
  ⇒ 前職での契約関係の確認、他社情報の分離保管など

<もしも情報漏えいが発生した時の対応>
・情報漏えいの兆候をいち早く把握するための留意点
・情報漏えいが確認された時の初動対応…社内調査、証拠保全


営業秘密


かなり具体的な内容が書かれていますので、参考になります。


万が一に備えて・・・・・・


しかし、マイナンバーといい、個人情報といい、昔と比べるとなんだか手間ばかりがかかるようになって、便利な世の中になったようで、リストとそれを取り除く手間を考えると、意外にどっこいどっこいなのかもしれないな~~、なんて感じるのは私だけでしょうか?


「秘密情報の保護ハンドブック ~企業価値向上に向けて~」

参考資料【全体版】

経済産業省 営業秘密 ~営業秘密を守り活用する~ のページ

平成27年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果PageTop退職理由の本音と建て前

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1882-851f2b97

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示