Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

あがる給与水準?

日本政策金融公庫が「中小企業の雇用・賃金に関する調査結果」なるものを発表しています。


これによると、雇用については、あい変らず不足感が強くなっているようで、 2015年12月において、正社員が「不足」と回答した企業割合が、全業種計で45.4%となり、前年同月(44.3%)から1.1ポイント上昇しています。


ちなみに 「適正」と答えたのはは45.1%、「過剰」は9.5%となっています。


実際、2015年に正社員数を前年から「増加」させた企業割合は30.9%、「減少」させた割合は18.0%で、2014年実績と比べると、「増加」は7.4ポイント低下、「減少」は0.4ポイント上昇しており、以前よりは勢いが落ちつつあるものの、人不足の実態がよくわかります・


「増加」した企業の50.3%、「減少」した企業の61.2%が正社員が「不足」と回答していて、こんな点からも必要な従業員を雇用できていない企業が多く存在することがうかがえます。


中小企業の雇用


上記のような流れがあってか、賃金を見ると、2015年に正社員の給与水準を前年から「上昇」させた企業割合は、50.4%二も上がっているようです。


このように50%をこえるのは、2年連続。


その理由を見ると、1番多いのは「自社の業績が改善」(45.3%)ですが、次いで「採用が困難」(14.0%)とありますので、給与を上げざるを得ない企業の苦しい懐事情が垣間見えます。


2016年についても、43.9%の企業が「上昇」させると回答していて、特に正社員が「不足」している企業でその割合は高くなっています。


アベノミクスでは、非常に強い賃金の底上げが求められていますが、確実にその影響は出てきているのかもしれません。


ただし、大切なことはこのような賃金が一過性のものにとどまらないことです。


この流れが無理やりではなく、景気の向上につながってくれればよいのですが・・・・


未来に夢が見えにくく、不安を抱いている人が多いと聞きますので、アベノミクスでは、そういう根本的なところを改善してもらえると良いのですが・・・


中小企業の雇用・賃金に関する調査結果   (全国中小企業動向調査(中小企業編)2015年10-12月期特別調査)

ちょっとおすすめこのお店 208 (中華そば そのだ)PageTop女性の活躍推進企業データベース

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1891-1f638eae

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示