Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ビッグバンイノベーション

さて、新しい年度が始まりました。


何事も、始まりはワクワクするものです。


新しい1年を想像するに、最近個人的に考えることは、この1年における私たちの環境の変化についてです。


このところ市場や技術の変化は加速度的に早くなっています。


今の1年は、過去の数十年の進化に匹敵するような変化を感じることさえあります。


これからますます、ビッグバンイノベーションがおこり、私たちの想像しなかった未来が到来するのかもしれません。


ビッグバンイノベーションとは、安定した事業をほんの数カ月か時にはほんの数日で破壊するような新たなタイプのイノベーションを意味します。


例えば少し考えてみると・・・・


ビデオカメラ、地図、キャッシュレジスター、目覚まし解け、空港のチケットカレンダー、レストランガイド 等々


これらは数年前、私たちの周りに当然にあった者ばかりですが、今は、あまりこれらを利用することはありません。


スマートホンの技術が出てきたことで加速度的にこれらの市場は衰退していきました。


これまでの「当たり前」が、気が付けば「当たり前」でなくなっている、という感じでしょうか?


こんなイノベーションの背景には次のようなものがあると思います。


「性能と価格の両方が倍々で改善される」という指数関数的技術がイノベーションの内部コスト(主に人件費)を引き下げることができるようになり、ある日突然、これまでのサービスより、よりよく、より安い新製品がや新サービスがでてくるようになったこと。


マーケティングや販売、その他取引データなど膨大な量のデータベース、いわゆるビッグデータが企業にとって、製品開発や、マーケティング、生産、価格設定に役立てることができるようになったことで、必要な情報が必要な相手にダイレクトに伝えることができるようになり、爆発的な売れ行きの循環をつくることができるようになったこと


市場には大量生産による規制部品やソフトウェアが廉価で大量にあふれており、新規参入者でもこれらの部品やソフトウェアなどの組み合わせにより、安価でリスクの少ない方法で、桁外れの実験回数を重ね、自由奔放に開発ができるようになったこと。


イノベーション


上記のような、IT技術の進展、ビッグデータの普及、市場参入障壁の低下、これらの現象は、これからますます広がっていく事を考えると、1年の変化は、よりダイナミックになるのかもしれませんね。


綿密に計画を重ね、失敗しないことを前提としたビジネスモデルは完全に崩壊し、スピードを「第一」に、トライ&エラーを繰り返しながら新たな価値が加速度的に創造されていく時代。


今のような急速な変化の善悪は別にして、すべての業種でこの流れは止めることができないのかもしれません。


そんな事を書考えていると、新しい年度に向けて、これまで以上に変化することを恐れず、進化することにワクワクを求めて、新たに頑張っていかなくちゃいけないな~、と思うのでした。

ちょっとオススメこのお店 212 (かき鐡)PageTop通勤手当非課税枠の拡大

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1913-cb0cce50

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示