Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

育児・介護休業法、男女雇用機会均等法等の改正

今国会で成立「雇用保険法等の一部を改正する法律」が成立しています。


この法律では、雇用保険法のほかに、労働保険徴収法、育児・介護休業法、男女雇用機会均等法等の改正も盛り込まれています。


「にたような感じで関係性もあるので全てぶっこみでかえちゃえ!!」という感じでしょうか?


最近、こういう、勢い溢れる法改正が増えてますね?


で、この法律ついては、盛り込まれたすべての法律が改正されてます!!


一気に変えられると、どことどこが変わったのかを押さえるだけでも大変なのですが、これに関し、福井労働局は、「改正育児・介護休業法及び改正男女雇用機会均等法の概要」なるものを公開しています。


これを見ると、改正点の概要がまとめられていて、全体を把握するにはブラボーな資料となっています。


施行は来年(2017年)1月1日となっていますので、サクッと、改正の全体像を把握しておきましょう。


内容は次のような感じです。


【介護離職を防止し、仕事と介護の両立を可能とするための制度の整備】
・対象家族1人につき、3回を上限として、通算93日まで、介護休業を分割取得することができることとする。
・介護休暇の半日単位の取得を可能とする。
・介護のための所定労働時間の短縮措置等を介護休業とは別に、利用開始から3年の間で2回以上の利用を可能とする。
・所定外労働の免除を介護終了までの期間について請求することのできる権利として新設する。
・有期契約労働者の介護休業取得要件を緩和する。


【多様な家族形態・雇用形態に対応した育児期の両立支援制度等の整備】
・子の看護休暇の半日単位の取得を可能とする。
・有期契約労働者の育児休業の取得要件を緩和する。
・特別養子縁組の監護期間中の子、養子縁組里親に委託されている子その他これらに準ずるものについては
 育児休業制度等の対象に追加する。


【妊娠・出産・育児休業・介護休業をしながら継続就業しようとする男女労働者の就業環境の整備】
・妊娠・出産・育児休業・介護休業等を理由とする、上司・同僚などによる就業環境を害する行為を防止するため、
 雇用管理上必要な措置を事業主に義務づける。


総活躍


みてると、マタハラに関する事などもさらっと盛り込まれていて、休暇等もこれまで以上に取りやすくなっています。


よって、会社としては、このような制度を前提に、それでも会社が回る仕組みを考えていく事が必要となります。


少子高齢化ですので、1億人が総活躍して、助け合っていこうということかと思いますが、ここにIT化なども盛り込んでいきながら、頑張っていきたいものですね!!


改正育児・介護休業法及び改正男女雇用機会均等法の概要

動画で解説!!障害者雇用納付金制度PageTop労働者派遣事業関係業務取扱要領(平成28年4月1日以降)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1929-914aeb99

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示