Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

熊本地震による雇用調整助成金の特例

先日、熊本地震により、雇用調整助成金の支給要件について特例が設けられました旨をお伝えいたしましたが、特例が別途設けられることとなっています。


■4月22日に設けられた特例
平成28年熊本地震に伴う経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされ、雇用調整を行わざるを得ない事業主に対して以下の2点を実施。
・事業所の生産指標の確認期間を3ヶ月から1ヶ月に短縮する
・事後に提出された計画届についても助成対象とする


kumamoto.jpg



新しい特例
■5月13日以降に設けられる予定の特例
平成28年熊本地震発生に伴う経済上の理由により、急激に事業活動の縮小を余儀なくされた事業主を対象に、平成28年4月14日以降に開始した休業等について、次のの特例措置が実施されます。

① 休業を実施した場合の助成率を引き上げ
  (中小企業:2/3から4/5へ、大企業:1/2から2/3へ)

② 新規学卒採用者など、雇用保険被保険者として継続して雇用された期間が6ヶ月未満の労働者も助成対象とする

③ 過去に雇用調整助成金を受給したことがある事業主について以下の対応とする
   a.前回の支給対象期間が満了した日から起算して1年を経過していなくても受給できることとする
   b.受給可能日数の計算において、過去の受給日数に関わらず、今回の特例の対象となった休業等
    について新たに起算する

④ 最近3ヶ月の雇用量が対前年比で増加していても受給できることとする 等


この特例措置は①だけは九州各県内に所在する事業所に限り適用です。


その他については熊本県以外に所在する事業所であっても対象になるので要注意!!


今後、5月13日に開催予定の労働政策審議会職業安定分科会における関連省令改正案に係る諮問・答申を経て、今回の事が決定され次第、速やかに公布・施行される予定となっています。


被災された方が、少しでも「助かった」そんな特例になればいいですね。

平成28年熊本地震の発生に伴う雇用調整助成金の更なる特例について

定年後再雇用の賃金をどうする?PageTop簡略される傷病手当金の手続き

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1938-b0e57410

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示