Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

マタハラによる損害賠償請求

昨日、次のような判決が出され、関係者の中で少しざわついています。


【マタハラで女性上司に賠償命令 業務軽減の申出を放置】

勤務先の女性上司にマタニティハラスメントを受けたとして、女性職員が介護サービス会社「ツクイ」と上司に計500万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部は4月19日、会社と上司に35万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

判決によれば、この女性上司は女性が妊娠に伴い業務軽減を申し出た際に、「妊婦として扱うつもりはない」等と発言し、体力を要する業務を約3か月継続させたということ。

判決理由で「流産しても構わない覚悟で働くべきだという認識を与える。妊産婦労働者の人格権を害する」と述べ、従業員の健康に配慮する義務に違反したと認定。

マタハラ

労基法では、妊産婦は軽易業務への転換の請求権が保障されています。


本件は男性上司ではなく女性上司だったということですが、この手の話の場合、女性の方が女性に厳しいというケースが多々見受けられますので、注意が必要です。

その原因としては、過去の自身の頑張りと、部下の状況を比較してしまうからかもしれません。
(特に妊娠したら会社を辞める、という意識が全体でまだまだ多かった時にキャリアを積んだ方に多い)

人は人、自分は自分。


時代が変われば、常識も非常識と言われるのが世間ですので、今の世流にあった、労務管理に努めていきたいものです。


労働基準法 第65条

(産前産後)
1 
使用者は、六週間(多胎妊娠の場合にあつては、十四週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、 その者を就業させてはならない。

2  
使用者は、産後八週間を経過しない女性を就業させてはならない。
ただし、産後六週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない。

3  
使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。

短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大 Q&APageTop定年後再雇用の賃金をどうする?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1939-c8a5ee27

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示