Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

事業主が職場における性的言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針の一部を改正する告示案

最近なにかとLGBTという言葉を聞くようになりました。


いわゆる、多様な価値観を認めましょう、ということに基づいた流れかと思いますが、今後もこの流れは続いていくものと思われます。


で、早速、先日、新聞に「LGBTも対象と明記 厚労省、セクハラ指針に」と記載がなされていましたが、この元となるのは「第172回労働政策審議会雇用均等分科会」の中で示された「事業主が職場における性的言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針の一部を改正する告示案」となります。

適度な距離感

この告示案では、今回のLGBTの件について「セクハラ指針の2(1)に、「被害を受けた者の性的指向又は自認にかわらず、当該者に対する職場におけセクシュアルハラスメントも 、本指針の対象となる 」ことを明記する」と記載されていて、来年1月改正の予定です。


よって、就業規則に声らのことを盛り込むと共に、社員の皆様への周知・教育が必要に考えられています。


またこの告示案ではハラスメントに対する相談体制についても、セクハラとマタハラを一元的に相談できる体制の整備が望ましいともされています。


最近は何かにつけ、相談窓口の整備が求められていますので、担当者は大変かと思いますが、時代の流れですので、対応いただけると幸いです。


事業主が職場における性的言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針の一部を改正する告示案について【概要】


第172回労働政策審議会雇用均等分科会

業務外でのメールは禁止?(フランスの場合)PageTop確定拠出年金法等の一部を改正する法律案が成立しました!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1949-3e7b1643

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示