Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

平成28年版男女共同参画白書

本日、 内閣府男女共同参画局が、平成28年版男女共同参画白書を公表しています。


男女共同参画白書は、男女共同参画基本法に基づき作成されている年次報告書で、平成13年から毎年6月ごろに公表されています。 .


今回の白書では、「多様な働き方・暮らし方に向けて求められる変革」を特集テーマとし、女性を取り巻く様々な情勢,時間や場所にとらわれない働き方としてのテレワークへの期待、さらには多様な働き方へのニーズに対応する企業の動き等を紹介しつつ、男女が個性と能力を発揮できる豊かで活力ある社会に向けて、歩を進めていく重要性がうたわれています。


また、各分野における男女共同参画社会の形成の進捗状況、政府が昨年度に講じた施策及び今年度に講じる施策なども示されています。


男女参画


平成27年には,「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が成立し,また「第4次男女共同参画基本計画」が閣議決定され,女性の活躍推進は新たな段階に入ったといわれています。


これまで以上に、女性の活躍を進め、男女が共に暮らしやすい社会を実現していくためには、これまでの長時間労働等を当たり前とする男性中心の働き方を変革し、男女がそれぞれのライフステージに応じて仕事と家庭を両立できる多様な働き方を実現していくことが重要になってくると思います。


今後は、正社員やパートという身分制度を打破し、ライフステージごとに選択できる働き方の一つという観点をもって、パートや、限定正社員という働き方を考えていくことが重要になってくると考えています。


そう考えると、これまでのように、パートだから、嘱託だから賃金が低い、という考え方も限界にきているのかもしれません。


職務給も踏まえた、今後の、職制の在り方について、考える、そんな上でもこの白書には多くのヒントがあります。


男女共同参画社会とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」のことを示します(男女共同参画社会基本法第2条)


今回の白書を読むと、女性が力強く社会で活躍しつつあるということを随所に感じることができますが、まだまだ課題も多いことから、一つ一つを社会全体で克服して、男女ともに幸せになることができる社会の実現につなげたいものです。


平成28年版男女共同参画白書 概要版


平成28年版男女共同参画白書
表紙・大扉

目次

I 平成27年度 男女共同参画社会の形成の状況
特集編 多様な働き方・暮らし方に向けて求められる変革

現状編
【第1章~第3章】

【第4章~第7章】

II 男女共同参画社会の形成の促進に関する施策
第1部 平成27年度に講じた男女共同参画社会の形成の促進に関する施策
第2部 平成28年度に講じようとする男女共同参画社会の形成の促進に関する施策

(資料)

ストレスチェックにまつわるいろいろPageTop業務外でのメールは禁止?(フランスの場合)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1951-ace1c7be

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示