Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の不思議 いろいろ

このところ、厚切りジェイソンというお笑い芸人さんが、日本のおかしいと思うところを指摘して人気ですが、日本の常識、世界の非常識という例はほかにもたくさんあるようです。


例えば、インターネット上での声を見ていると、次のようなものが、日本の不思議として挙げられていました。


① 「履歴書は手書き」という強制はおかしい。PCでいいじゃない。非効率

② 過剰なまでの年功序列でやる気が出ない

③ 遅刻は許されないのに、残業は許されるという企業の矛盾

④ 個性が大事という割に、本当に個性を発揮したら白い目で見る組織

⑤ 寝てない、忙しい、自慢をする人々

⑥ 「みんながやっているから私も」という集団意識

⑦ 「苦労は美徳」という押し付け

⑧ 「娯楽は悪」という極論

⑨ 「空気を読む」という暗黙の了解

⑩ 「有給・育休・産休」をとることをよく思わない組織

なぜ



う~~~ん。


共感できることばかりではありませんが、言いえているな~~という部分もあります。


特に個人的には③④⑥はなるほど、そうだな、という感じ。


⑤は社会人だけではなく、学生まで、結構よく聞くシチュエーションです。


よく考えれば「自分の段取りの悪さ」をアピールしているようなものかもしれませんね。


⑦⑧というのは、確かにこういう意見もありますが、それなりの意味はあるのかな?なんていうことも感じる部分です。


多くの人が継続的に調和のとれた社会を築いていくためには、「結果」だけをひたすら評価すればよいのではなく「人としてどうあるべきか」ということもとても大切なような気がして、欲深い私たち自身を自制するために、ある程度は必要な価値観のような気がするためです。


年功序列という概念も、そんな日本の「和を以て貴しとなす」的な発想から生まれた雰囲気もあるような、ないような・・・


まぁ、いろんな意見がありますが、人も、国も、違いがあるからこそ面白いもので、その違いを尊重し認めあいながら、お互いを分かり合おうとする努力が大切だと思います。


「おかしいよ」と指摘されても、それを鵜呑みにして即座に反応するのではなく、歴史やこれまでの価値観などをふまえながら、熟考しつつ、変えるべきは変えていくということが大切なのかもしれないな、と考える今日この頃でした。

8月から変わります!! 「介護休業給付金」PageTop疾患喧伝とうつ病

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1966-921d80df

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。