Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

経済合理性の不思議

このところ、ビジネスシーンにおいてはすでに常識化し、一般社会においても「合理性」を追求する姿勢が強く求められつつあります。


何事も無駄をなくし、効率的に行うことを第一とする考え方。


理論的には、なんとなく正しいような気がするけれど、「なんだかとても疲れるし、これで本当にいいのか?」、なんて声もたまに聴きます。


そんな話について考えていたところ、佐伯啓思さん著『経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ』を読んでなかなか考えさせられるものがありました。


佐伯さんによると、“合理的な”、“経済学的思考”とは、簡単にいえば「市場中心主義(新自由主義)」と呼ばれるものだそうです。


「自由な競争的市場こそは効率的な資源配分を実現し、可能な限り人々の物的幸福を増大する」という考えに基づき、そのような前提の下で、「効率性」「競争主義」「個人主義」「能力主義」「成長主義」等の考え方(思考のフレームワーク)が生まれています。


この市場中心主義について、佐伯さんは次のようなことがバックグラウンドとして必要ではないかと指摘しています。


1.人々は与えられた条件のもとでできるだけ合理的に行動する。行動に必要な情報は可能な限り合理的に利用する。


2.経済活動の目的は人々の物的満足をできるだけ増大させることであり、この場合に、モノ・サービスの生産・交換・消費という「実体経済」が経済の本質であり、「貨幣」はその補助手段でしかない。


3.人々の欲望は無限であり、消費意欲は無限である。これに対して物的生産の条件となる資源は有限である。したがって経済の問題とは、稀少資源をできるだけ効率的に配分するという点に求められる。


そして、これらのバックグランドは3つとも実態と本質的に異なっていますよ、と佐伯さんは指摘しているのです。


確かに、決して合理的に動かないことも多いし、消費も無限ではないし・・・・


しかし、私たちは、あまりこの「ズレ」を認識せずに、すべての経済的効果を、基本的には、個々人の合理的行動から説明しようとし、その上で人間の行動を合理的なものとして説明し、その結果としての市場パフォーマンスを合理的に説明しようとすることで、市場中心主義を『合理的な科学』としての経済学として信奉してしまっているのではないかというようなことを述べています。


つまり“合理的な科学”として経済学を完成させるために、合理的な行動をする人間というものを仮定しているというわけで、私たちは気づかないうちに「『合理性のしもべ」になっているのかもしれません。


合理的には動かない
人間なかなか合理的には動けず、ついつい飲みすぎちゃいます(笑)



読了して、「なるほど」と感じる部分も多々あり、政治も経済も「成長」を第一にと声高に言われていますが、これらに関する違和感がなぜ起こるのかについてとても分かりやすい内容で説明されています。


今一度私たちの施行の前提にあるものを疑い、「成長」「効率性」「競争」等といったものに目をくらませられることなく、どのような社会を目指すべきかを考えることが今大切なのかな~~なんてことを考えさせられる一冊でした。


ただし、世の中は綺麗ごとだけでは済まないのも事実で、世界中が、この市場中心主義の原理にのっとり、激しい競争をしている現実の中で、その実態を直視せずに理想論を掲げても、これまた机上の空論ですので、バランスをとりながら考えることが大切なのかもしれませんね。


ご興味のある方は是非・・・


「経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ 」(講談社現代新書)

平成28年度中小企業施策利用ガイドブックPageTop増え続けている精神疾患

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1971-d24f1c9f

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示