Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

社会保険の資格取得は要注意!!

日本年金機構が、公的年金にかかるサービスの向上と本人確認の徹底のため、基礎年金番号と住民票コードとの「結び付け」を進めようとしており、これに関連して社会保険の資格取得手続きの条件が少し変わりますので、要注意が必要です。


具体的には、基礎年金番号と住民票コードの「結び付け」を一層促進するため、平成28年9月から厚生年金保険の加入時に住民票コードの特定が行われることとなります。

資格取得届処理


これまでは、マイナンバーに変換される住民票コードを基礎年金番号に収録する取組みの一つとして、基礎年金番号がない人(確認できない人を含む)で、住民票上の住所以外に郵便物の届く住所がある人について、資格取得届の備考欄に、住民票上の住所を併せて記入することが求められていたわけですが、今回の変更は基礎年金番号の有無にかかわらず、住民票コードの確認がされるため、対象が広くなることが想像されます。


そして、住民票コードの確認ができなかった場合は、書類が返送されるとともに、資格取得の処理が保留され、事業主に住民票上の住所等の照会がなされるとのことですので、手続き処理が遅くなってしまう可能性があります。


まあ、あくまで住民票コードの確認との不一致に対しての確認ですので、例えば居所が大阪で、住民票が沖縄にあるようなときに、大阪の居所を書いたからと言って、必ずしも返信されるわけではありません。
(そこは日本年金機構の内部に持っている情報などと照らし合わせて確認されるそうです)


しかし、そのような返送がされないようにするためには、事前に住民票上の住所も確認したうえで、居所と住民票上の住所にずれがある場合は、両方の記載をして提出することがベターなのかもしれません。


と、いうことで、これらにうまく対応しないと、実務上の混乱が予測されますので、今からきっちり準備をしていきましょう!!


しかし、マイナンバーって「国民の利便性の向上」がメリットによくいわれていましたが、ふたを開けると今のところ、負担ばかりのような感じですね。


今後に期待です。


厚生年金保険の資格取得時の本人確認事務が変更となります。

本人確認の証明書について

資格取得時の本人確認事務変更のお願い

精神の障害に係る等級判定ガイドラインPageTop国は借金だらけといいますが・・・

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1988-7a816978

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示