Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

有期契約と労働契約法と手当

昨日もブログにて同一労働同一賃金の原則のお話をお伝えいたしましたが、本日の日本経済新聞社にて、なかなか考えさえられる記事が掲載されていましたのでご紹介いたします。

【正社員と契約社員、手当で格差「一部違法」 大阪高裁判決】

同じ業務内容なのに正社員と契約社員で賃金や手当が異なるのは違法として、物流大手「ハマキョウレックス」(浜松市)の有期契約の運転手が格差の是正を求めた訴訟の控訴審判決が26日、大阪高裁(池田光宏裁判長)であり、手当の一部を違法と認め、正社員との差額分計77万円の支払いを命じた。


訴えたのは同社の滋賀県内の支店に勤務する池田正彦さん(54)。同社の賃金体系が、有期契約を理由とする不合理な労働条件を禁じた労働契約法に違反するかどうかが争点だった。


池田裁判長は、正社員に支給される7種類の手当のうち「通勤手当」「無事故手当」など4種類は、契約社員にも支払われるべきだと指摘し、格差は不合理で同法に違反すると判断。


一方、賃金格差は、契約社員に正社員のような転勤や出向がないことなどから是正の必要性はないとした。


昨年9月の一審・大津地裁彦根支部判決は、通勤手当の差のみ違法と認め、同社に1万円の支払いを命じていた。


同社は「判決文が届いておらずコメントできない」としている。


手当


これまで、当たり前のように有期契約と正社員で手当等に差を設けている企業は多いだけに、驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、専門家の間では「やっぱり」というような印象があるのかもしれません。


労働契約法20条は次のような内容です。


<期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止>
有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。


この内容として厚生労働省は次のように説明をしています。



(以下、厚生労働省パンフレットより)
法第20条は、有期契約労働者の労働条件が期間の定めがあることにより無期契約労働者の労働条件と相違する場合、その相違は、職務の内容(労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度をいいます。以下同じ。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、有期契約労働者にとって不合理と認められるものであってはならないことを明らかにしたものです。


したがって、有期契約労働者と無期契約労働者との間で労働条件の相違があれば直ちに不合理とされるものではなく、法第20条に列挙されている要素を考慮して「期間の定めがあること」を理由とした不合理な労働条件の相違と認められる場合を禁止するものです。


法第20条の不合理性の判断は、有期契約労働者と無期契約労働者との間の労働条件の相違について、職務の内容、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、個々の労働条件ごとに判断されるものです。


とりわけ、通勤手当、食堂の利用、安全管理などについて労働条件を相違させることは、職務の内容、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して特段の理由がない限り合理的とは認められないと解されるものです。



今回の判決は、上記のような法の趣旨を考えると、ある程度予測できた内容だったのかもしれません。


このケースでは、転勤等の違いがあることで賃金格差は否定されていますが、中小企業などには、実質的に転勤がない正社員の方がない人や業種もありますので、そのような企業はより注意が必要となります。(今は規定に違いを定めるだけでは認められないと考えられています。ニヤクコーポレーション事件


このところ、嘱託社員の賃金格差が否定されたケースなど、労働契約法20条に関する判例が非常の多く出てきています。


リーマンショックのときから、ここのところ、企業を取り巻く人に関する環境は大きく変わりつつあります。


どちらかというと「会社目線」の法律の運用から一転し、「社員目線」の労務管理が強く求められるようになっています。


「これまでは当たり前だったのに」は通用しないと意識を切り替えて、労使がともに幸せとなる労務管理を考える、そんなきっかけとなる判例なのかもしれませんね。

労災年金給付等に係る給付基礎日額のスライド率等の変更PageTop同一労働同一賃金を目指して!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1992-6ce8722e

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示