Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

雇用保険の基本手当日額の変更

先日、夏を感じるものとして、労災の給付基礎日額のスライドのご紹介をしましたが、もう一つありますね。


それは、雇用保険の基本手当日額の変更。


まあ、行政的にも他の時期はバタバタ忙しいので、比較的余裕のあるこの時期にこれらの変更をもってきているのかもしれませんね。


今年も厚生労働省は、8月1日(月)から雇用保険の「基本手当日額」を変更しています。


雇用保険の基本手当は、労働者が離職した場合に、失業中の生活を心配することなく再就職活動できるよう支給するものです。


「基本手当日額」は、離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められています。


今回の変更は、平成27年度の平均給与額(「毎月勤労統計調査」による毎月決まって支給する給与の平均額)が平成26年度と比べて約0.43%低下したことに伴うものです。


s_DSC03322.jpg



具体的な変更内容は以下の通りです。


【具体的な変更内容】

<基本手当日額の最高額の引下げ>

基本手当日額の最高額は、年齢ごとに以下のようになります。

(1)  60歳以上65歳未満   6,714 円 → 6,687 円 (-27円)
(2)  45歳以上60歳未満   7,810 円 → 7,775 円 (-35円)
(3)   30歳以上45歳未満   7,105 円 → 7,075 円 (-30円)
(4)   30歳未満         6,395 円 → 6,370 円 (-25円)


今回は全体的にダウンする内容。


このところ、「賃金アップ!!」と政府が声高に言っていますが、平均給与額が下がっているという実態を見て取ることが出来ます。


景気の良さがいまいち実感できないという声をよく聴きますが、こんなところを見ても、そんな雰囲気を感じることが出来ますね。


1ページ~4ページ
5ページ~6ページ
7ページ~8ページ
全体像

育児・介護休業法改正内容の詳細PageTop労働者派遣事業関係業務取扱要領・様式・各種報告書の変更

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1996-decdf4fe

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示