Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」

障害基礎年金や障害厚生年金等の障害等級は、「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」に基づいて認定されていますが、精神障害および知的障害の認定において、地域によりその傾向に差が生じていることが問題となっていました。


このような状況を改善するため、「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」等が策定され、今年9月から実施されることになりました。


具体的には、精神障害及び知的障害に係る障害年金の認定に地域差による不公平が生じないよう、 障害の程度を診査する医師が等級判定する際に参酌する全国共通の尺度として、以下のア、イが策定されることになりました。


ア 診断書の記載事項を踏まえた「等級の目安」

イ 総合的に等級判定する際の「考慮すべき要素」の例示

※障害の程度を診査する医師は、上記アを目安としつつ、診断書の記載内容等から目安だけでは捉えきれない障害ごとの特性に応じた様々な要素 (上記イ) を考慮したうえで、専門的な判断に基づき、総合的に等級判定を行うことになっています。(したがって、「等級の目安」と異なる等級になることもあります。)

※ガイドライン実施時に障害基礎年金や障害厚生年金等を受給している方で、 ガイドライン実施前後で障害の状態が変わらない場合は、当分の間、等級非該当への変更は行わないこととします。



今後は、障害認定基準とこのガイドラインに基づいて、等級判定が行われることとなります。


目安目安って大切・・・


また診断書(精神の障害)の記載要領も作成されています。


これは、障害年金請求者や受給者の病状及び日常生活状況を適切に診断書へ反映するために、 診断書を作成する医師向けに、診断書の記載時に留意すべきポイントなどが示されています。

※ 記載要領は、 日本年金機構等のホームページに掲載し、診断書を作成される医師が必要な時に確認できます。


そして、請求者等の詳細な日常生活状況を把握するための照会文書の作成なども行われます。


これは障害の程度を診査する医師が、障害年金請求者や受給者の詳細な日常生活状況を把握するために、 請求者等へ照会する際に使用する文書となり、主な照会事項が整理されています。

※ この照会文書は、ご本人や家族のほかに、日常的にご本人と接していて生活状況をよく把握されている第三者 (例えば地域や職場での支援者など)に記載していただくことも可能です。


これらの目安により、今後は障害年金の受給基準が平準化し、適切な給付が行われることを願うばかりです。


(1)国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン(平成28年7月15日年金局事業管理課長通知)

(2)国民年金・厚生年金保険 診断書(精神の障害用)

(3)国民年金・厚生年金保険 診断書(精神の障害用)の記載要領

(4)日常生活及び就労に関する状況について(照会)

『国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン』の策定及び実施について

自動車運転事業者法違反に関する国交省・厚労省の連携PageTop「国税分野における社会保障・税番号制度導入に伴う各種様式の変更点」

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2002-3a807f94

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示