Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃金の引き上げに関する経済産業省と厚生労働省の連携

先日より、厚生労働省と各省庁の連携についてお伝えしているところですが、今度は経済産業省との連携です。


経済産業省は、これまで厚生労働省と連携し、最低賃金引上げに向けた環境整備のために、支援策について検討してきたそうです。


結果、今回、平成28年7月28日に厚生労働省中央最低賃金審議会において、平成28年度の地域別最低賃金額の引上げの目安が答申され、全国加重平均で昨年を6円上回る24円、引上げ率に換算して3%の引上げとなり、平成14年に時給換算で決定する現行方式が導入されてから、最大の引上げとなっています。


今後は、厚生労働省中央最低賃金審議会の答申を受け、都道府県毎に設置されている地方最低賃金審議会において、地域別最低賃金の引上げに関する審議が行われるわけですが、この最低賃金の引上げの環境整備の一環として、厚生労働省から助成措置が講じられることとなり、経済産業省も一緒になってその周知を図っています。


経産省



その内容は次の通りです。


○「キャリアアップ助成金」の手続簡素化等
・キャリアアップ助成金は、有期契約労働者等の正社員化、人材育成、処遇改善を行った事業主に対する助成制度です。
・キャリアアップ助成金の「賃金規定等改定(処遇改善コース)」においては、すべて又は一部の有期契約労働者等の基本給の賃金規定等を2%以上増額改定し、昇給した場合、助成措置が受けられます。
・また、キャリアアップ助成金では、手続の大幅な簡素化が実施されます(詳しくは別紙を参照下さい。)。


○「業務改善助成金」の支給
・業務改善助成金は、生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い時間給の労働者の賃金を引き上げた事業主に対する助成制度です(詳しくは別紙を参照下さい。)。


○その他の支援措置について
・平成28年8月2日に、「未来への投資を実現する経済対策」が閣議決定され、中小企業・小規模事業者の生産性向上について支援を行うことが盛り込まれており、現在、具体化に向けて検討を進めています。この具体化がまとまった段階で、お知らせさせていただきます。


以上です!!


なお、改定後の地域別最低賃金は、10月1日以降順次発効されますので、改定前の地域別最低賃金を基に賃上げを行った上で助成措置を利用する場合は、最低賃金の発行日の前日までに所要の賃上げ及び助成措置の申請を行う必要がありますので、注意が必要です!!


逆に言うと、今回の最賃の引き上げは2%以上行われる予定ですので、それであれば、今のうちから前倒しで賃金を上げ、助成金を受け取っておいた方が得といえるかもしれませんね。


賃金の引上げに係る支援策について周知します


⾮正規雇⽤労働者の処遇改善のための⽀援を拡充 〜 キャリアアップ助成⾦が活⽤しやすくなります 〜


相談窓口一覧

平成28年人事院勧告PageTop自動車運転事業者法違反に関する国交省・厚労省の連携

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2004-64be198f

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。