Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

厳しくなる扶養の確認

そろそろ年末調整の時期が近づいてきました。


時間がたつのは早い・・・!!


それが故に、日々に振り回されず、先々のことばかりで頭をいっぱいにせず、今の時間も大切に過ごしていきたいものですね。

光陰矢の如し

今回の年末調整では、通勤手当の非課税限度額の変更等、いくつかの注意事項があります。


その一つが、「国外に居住する親族に係る扶養控除等の適用」。


国外居住親族を扶養控除対象とするには、下記の書類を添付する必要があるというものです。


平成28年1月1日以後に支払われる給与等の源泉徴収又は年末調整において、非居住者である親族(国外居住親族)に係る扶養控除、配偶者控除、障害者控除(扶養控除等)又は配偶者特別控除の適用を受ける場合には、「親族関係書類」及び「送金関係書類」を源泉徴収義務者に提出又は提示する。

【親族関係書類】
 次の①又は②のいずれかの書類で、国外居住親族がその給与所得者の親族であることを証するものをいいます(その書類が外国語で作成されている場合には、その翻訳文を含む。)。
①戸籍の附票の写しその他の国又は地方公共団体が発行した書類及び国外居住親族の旅券(パスポート)の写し
②外国政府又は外国の地方公共団体が発行した書類(国外居住親族の氏名、生年月日及び住所又は居所の記載があるものに限ります。)

【送金関係書類】
 次の書類で、給与所得者がその年において国外居住親族の生活費又は教育費に充てるための支払を、必要の都度、各人に行ったことを明らかにするものをいいます(その書類が外国語で作成されている場合には、その翻訳文を含む。)。
①金融機関の書類又はその写しで、その金融機関が行う為替取引によりその給与所得者から国外居住親族に支払をしたことを明らかにする書類
②いわゆるクレジットカード発行会社の書類又はその写しで、国外居住親族が、そのクレジットカード発行会社が交付したカードを提示してその国外居住親族が商品等を購入したこと等によりその商品等の購入等の代金に相当する額をその給与所得者から受領したこと等を明らかにする書類


まぁ、当たり前といえば当たり前の内容ですので、これまでしていなかったことが逆に不思議な感じ。


このような書類の貼付は社会保険における扶養(外国人だけでなく一般の扶養に該当するかどうかも含む)においても必要なのかなと、感じる今日この頃です。

国外居住親族に係る扶養控除等の適用について(リーフレット)

国外居住親族に係る扶養控除等Q&A(源泉所得税関係)

非居住者である親族について扶養控除等の適用を受ける方へ(給与所得者用リーフレット)(日本語版)

非居住者である親族について扶養控除等の適用を受ける方へ(給与所得者用リーフレット)(英語版)

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
 ⇒ 平成29年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
 ⇒ 《記載例》平成29年分給与所得者の扶養控除等申告書の記載例
 ⇒ 平成28年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

国外居住親族に対する送金関係書類の明細書
 ⇒ 平成 年分 送金関係書類の明細書
 ⇒ 平成 年分 送金関係書類の明細書(次葉)
 ⇒ 送金関係書類の明細書の記載要領等

介護と技能実習生と未来PageTop最低賃金に関する意識調査

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2054-8ed6e709

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示