Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業を解禁? 第2回 働き方改革実現会議

 平成28年10月24日、総理大臣官邸で第2回「働き方改革実現会議」が開催されています。


会議では、柔軟な働き方(テレワーク、多様な就業形態、副業等)の在り方、多様な選考・採用機会の提供、病気治療と仕事の両立、障害者の就業環境整備の在り方、働き方に中立的な社会保障制度・税制の在り方及び女性が活躍しやすい環境整備(リーダー育成など)について議論が行われており、総理は議論を踏まえて次のように述べられています。


「本日は、柔軟な働き方、多様な採用機会の提供といったテーマについて御議論いただきました。

一人ひとりが自らのライフステージに合った仕事の仕方を選択できる社会を創り上げていきたいと考えております。

テレワークは子育て・介護と仕事の両立の手段、そして副業・兼業はオープンイノベーションや起業の手段としても有効であります。


我が国の場合、テレワークの利用者、副業・兼業を認めている企業は、いまだ極めて少ないわけであります。

経産省では率先して取り組んでいただいていると思います。その普及を図っていくことは極めて重要であります。

他方、これらが長時間労働を招いては、本末転倒であります。

労働時間管理をどうしていくのかも整理する必要があると思います。

ガイドラインの制定も含めて、多様な政策手段について、検討することとしたいと思います。

また、年齢がネックにならないように、中途採用など新卒以外の多様な採用機会の拡大も課題であります。

第一次政権以来のチャレンジであります単線型の日本のキャリアパスを変えていきたいと思います。

このところ、現場で働いている皆さんに集まっていただいて車座で意見交換をしていますが、先般その際、50代後半になって、大手家電メーカーから転職をされて製品開発で活躍されている方の話を伺いましたが『楽しくて、やりがいがある』というお話をいきいきとされていました。

また、そういう方々を採用してベンチャーをしておられる経営者の方は、まさに教育する必要のない、完成された、しかもノウハウを持っている人材を獲得できる。

これはまさに日本でしかできないのではないか。

かつて所属していた大企業には申し訳ない思いだということも言われていました。

こういうことをもっともっと、実践を広げていくことによって、日本は更に様々なチャンスを創り出していくことができるのではないかということを実感したところであります。

学び直しから、職探し、就職に至るまで、官民一体となって、中途採用機会の門戸を広げる方策を検討したいと思います。

本日も流通企業出身の委員から提案がありましたが、産業界の皆さんには積極的に協力をいただきたいと思います。

そして、病気の治療と仕事の両立は、今回、力を入れたいテーマであります。

生稲議員を始め、何人かの方々からもお話をいただきましたが、主治医、会社、産業医・カウンセラーのトライアングル型のサポート体制について、提案がございました。

いいアイディアをいただいたと思いますので、どのような形があり得るのか、検討をしたいと思います。

本日、議員から出た御意見を踏まえて、更に議論を進めていきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。」


副業


今回の会議で特に注目されているのは、副業・兼業についてです。


副業は日本ではこれまで、補助的収入の獲得手段、小遣い稼ぎというようなイメージがあり、本業で大きなキャリアアップが望めない人がしているというようなとらえ方をされていると思います。


逆に言えば、ポストや給与の上昇余地がある人は副業する暇があるなら本業に邁進する、というのが、一般的な考え方ではないでしょうか?


今回、政府はこの副業を後押ししようとしているわけですが、その狙いは、少子化で生産年齢人口が減っても経済の活力を維持するために、個々の労働者に少しでも高い生産性を発揮させたいということかと思われます。


社員のイノベーション精神を刺激し、新しい成長事業を見出す手段のひとつとして、「副業解禁」を宣言したロート製薬さんが話題になっていますが、今後、外部の意見を取り入れたい、多様な価値観、人脈を身につけさせたいと、積極的に副業を解禁する企業は増えてくるのかもしれません。


企業に対する、ロイヤルティを含めた企業と社員との関係性の問題や内部情報漏えいの問題等、懸念されるべき部分も多々ありますので、この辺りを詰めながら制度を作っていく必要があります。


副業解禁の流れ・・・・・


もしかすると、これは一社では一社員の人生の面倒を見ることが出来なくなりつつある、ということなのかもしれませんね。


岡崎瑞穂議員提出資料

大村功作議員提出資料

白河桃子議員提出資料

白河桃子議員提出資料

田中弘樹議員提出資料

樋口美雄議員提出資料

榊原定征議員提出資料

神津里季生議員提出資料

三村明夫議員提出資料

高橋進議員提出資料

水町勇一郎議員提出資料

新屋和代議員提出資料

塩崎厚生労働大臣提出資料

世耕大臣提出資料

第1回働き方改革に関する総理と現場との意見交換会 議事録

第2回働き方改革に関する総理と現場との意見交換会 議事録

過労死防止への取り組みPageTop介護と技能実習生と未来

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2056-cade8fff

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。