Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

平成27年における留学生の日本企業等への就職状況

先日、法務省が「平成27年における留学生の日本企業等への就職状況について」を発表しています。


その内容は下記の通り。


平成27年に留学生が本邦の企業等への就職を目的として行った在留資格変更許可申請に対して処分した数は17,088人(注)(前年比2,918人増),うち許可数は15,657人(前年比2,699人増)で,いずれも前年と比べて増加し,過去最高を記録しました。許可率は91.6%で前年と比べて微増でした。
 (注) 在留資格変更許可申請に対して処分した数は延べ人数である。


1 
平成27年に「留学」の在留資格を有する外国人(以下「留学生」という。)が我が国の企業等への就職を目的として行った在留資格変更許可申請に対して処分した数は17,088人,うち許可数は15,657人で,前年処分数の14,170人に比して2,918人(20.6%),前年許可数の12,958人に比して2,699人(20.8%)増加した。


2 
国籍・地域別許可数の上位5か国は,(1)中国9,847人,(2)韓国1,288人,(3)ベトナム1,153人,(4)台湾649人,(5)ネパール503人で,アジア諸国が全体の94.9%を占めている。


3 
在留資格別許可数の内訳は,「技術・人文知識・国際業務」が13,791人で,この在留資格で全体の88.1%を占めている。


4 
就職先の業種は,非製造業が12,580人(80.3%),製造業が3,077人(19.7%)。


5 
就職先の職務内容の主なものは,「販売・営業」(3,809人),「翻訳・通訳」(3,747人),「技術開発(情報処理分野)」(1,218人),「経営・管理業務」(1,180人)。

6 
留学生の最終学歴は,大学卒が7,383人,大学院卒が4,931人で,両者で全体の78.6%を占めている。

※ 「技術・人文知識・国際業務」は「技術」,「人文知識・国際業務」及び「技術・人文知識・国際業務」を合算した数である。
  ※ 別添資料について,以下の点を訂正。
    表10 【誤】博士4,018  修士913   → 【正】博士913  修士4,018
    図11 【誤】博士25.7%  修士5.8%  → 【正】博士5.8% 修士25.7% 


外国人就労


上記統計を見ると確実に外国人の方の就労が増えていることが分かります。


今後日本は少子高齢化社会の中で、代替労働者の確保が急務なことからこの流れは一層早まると考えられます。


時代の変化とともに変わる労務管理の在り方。


これまで以上に分かり合う努力が必要になりそうですね。


平成27年における留学生の日本企業等への就職状況について

年末調整がよくわかるページPageTop小企業の雇用に関する調査結果

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2063-1cc8e99a

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示