Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

年末調整と社会保険におけるマイナンバーの取扱い

つい最近まで忘れられていたようなマイナンバー。


年末が近づくにつれ、改めてその対応の必要性に気が付きつつあります。


そんなマイナンバーについて、少しづつ新たな情報が出つつあります。


まず一つ目は近づく年末調整上のマイナンバーの取扱いについて。


国税庁が、マイナンバーをどのように取り扱ったらよいのか、どのような注意点があるのかをまとめた「源泉徴収事務・法定調書作成事務におけるマイナンバー制度」なるものを発表しています。


このリーフレットでは、各種注意点と共に、平成28年分の給与所得の源泉徴収票の提出までの流れも時系列でまとめられていますので、参考にして頂けましたら幸いです。


「源泉徴収事務・法定調書作成事務におけるマイナンバー制度」


マイナンバー


2つめは社会保険手続きにおけるマイナンバー。


雇用保険の方は今年から始まっていますが、まだまだ普及はされていないのが現状です。


そんな中ではありますが、一応、社会保険の方も粛々と行政側のマイナンバー対応が進んでいっています。


先日、厚生労働省は、来年1月から使用されるマイナンバー(個人番号)欄が設けられた「健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届」等の様式案がパブリックコメントに付しています。


今回の様式変更は、来年1月1日から行われることになっていますが、個人情報漏えい問題の件で日本年金機構のマイナンバー利用は延期されていますので、健康保険組合へ提出するものから変更されることになっているようです。


様式変更後も、資格取得届および資格喪失届については、健康保険組合の被保険者の場合には来年3月31日まで変更前の様式も利用できることになっています。


協会けんぽの被保険者の場合には、変更前の様式を使用することになります。


そんな感じですので、本格的な普及は協会けんぽの方はまだまだ先になりそうですね。


ちなみに変更が行われる様式は次のとおり。


■平成29年1月1日より変更される様式
・被保険者資格取得届
・被保険者氏名変更届
・被保険者資格喪失届
・二以上事業所勤務届
・住所変更届
・給付制限事由該当等の届出
・被保険者所属選択・二以上事業所勤務届
・被扶養者異動届
・育児休業等終了時報酬月額変更届
・産前産後休業終了時報酬月額変更届
・日雇労働者の適用除外申請
・日雇特例被保険者手帳の交付申請
・育児休業等取得者申出書
・産前産後休業取得者申出書


なんだかんだ言って、マイナンバーは着実に取り組みが進んでいっています。


年金機構の方で少し躓いてはいますが、正常対応が求められるようになった時に慌てふためかないよう、今からきっちり準備していきましょう!!


パブリックコメント
意見募集要領
概要
別紙1 健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届  
別紙2 健康保険・厚生年金保険 被保険者氏名変更届  
別紙3 健康保険・厚生年金保険 被保険者資格喪失届

適用拡大の周知の状況PageTop2年前納と割引と年末調整

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2068-86d7dba7

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示