Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金下がります。

総務省から、本日(1月 27 日)、「平成 28 年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)が公表されました。


結果は、対前年比 0.1%の下落となっています。


これを踏まえ、平成 29 年度の年金額が、法律の規定により、平成 28 年度から 0.1%の引下げとなることが確定しました。


具体的には次のような感じ。

○ 平成 29 年度の新規裁定者(67 歳以下の方)の年金額の例

                        平成 28 年度 (月額)  平成 29 年度(月額)
国民年金
(老齢基礎年金(満額):1人分)       65,008 円           64,941 円(▲67 円)

厚生年金                    221,504 円          221,277 円(▲227 円)
(夫婦2人分の老齢基礎年金を
含む標準的な年金額)

厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8 万円)で 40 年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準です。


今どき、こんな条件の人は多くはないと思うので、今後の人たちがもらう年金がどうなるのかは、火を見るよりも明らかですね


この変更ですが、平成 29 年度の年金額による支払いは、通常、4月分の年金が支払われる6月から行われます。

負担が大きい

ちなみに、新規裁定者「67歳以下」とありますが、これは年金が年齢により年金額計算に対する考え方が異なるためです。


この年齢区分を「新規裁定者」「既裁定者」といいます。


新規裁定者とは、67歳到達年度までの年金受給者。


既裁定者とは、68歳到達年度以降の年金受給者を指します。


新規裁定者はまだ現役世代に近いということで年金額は賃金に基づき決定される一方、既裁定者は現役世代とは年齢が離れているということで年金額は物価に基づき決定をされることとなっています。


もっとも、平成29年度の年金額については新規裁定者、既裁定者とも同額です。


つまり、新規裁定者、既裁定者の年金額の算定方式は異なるとはいえ、現段階では新規裁定者、既裁定者とも年金額の算定方式は実質同一ということになります。


平成27年度は物価の上昇で、マクロ経済スライドが適用されつつも、年金額は引き上げられていますので、今回の引き下げをみて、一概に悲観するわけは行かないのかもしれませんが、これだけ経済対策を推し進める中で、なかなか物価が上がらないことを見ていると、将来の年金不安が一層募るのは仕方がないかもしれませんね。


・ 平成20年度の年金額は国民年金で66,008円、厚生年金(上記と同条件)232,592円でした
・ 平成29 年度の国民年金保険料額は16,490 円(月額)(平成28 年度から230 円の引上げ)


介護保険料などが上がり続け、住民税も重い中、年金受給者のかたの「年金だけではやっていけない!!」という声は日々高まってきています。


年金を受給する年齢になるまでに、自分の老後について自身できっちりと準備しておくことが大切ですね。

平成 29 年度の年金額改定についてお知らせします

国民年金保険料の変換

まだ上がります(T_T)PageTop残業規制の行方

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2115-1136de5a

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。