Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半分以上は把握されていないパワハラの実態

先日、エン・ジャパンが人事担当者を対象に「パワハラ」についてアンケート調査を行ない、その結果を公表しています。


その内容は下記のようなものでした。


1:45%の企業は、社内のパワハラを把握している。

「貴社では、社内パワハラについてどの程度把握していますか?」と伺ったところ、企業の45%は「把握している」「だいたい把握している」と回答。

パワハラを把握している企業に、把握するまでの経緯を尋ねると、同率第1位「本人の周辺(上長・同僚等)から相談があった」(46%)、「直接本人から相談があった」(46%)、第3位「社内の噂で聞いた」(43%)でした。パワハラを受けた本人や、周辺の社員がパワハラを証言したことにより、初めて企業側がパワハラを把握するケースが多いようです。


2:もっとも多いパワハラは「精神的な攻撃」。

パワハラを把握している企業にパワハラの内容を伺ったところ、もっとも多かった回答は「精神的な攻撃」(76%)でした。パワハラが職場に与えた影響もご紹介します。


3:パワハラの原因は「上司と部下のコミュニケーションの少なさ」。

パワハラを把握している企業に、「パワハラが起きる部署に特徴や傾向はありましたか?」と質問しました。もっとも多かった回答は「上司と部下のコミュニケーションの少なさ」(37%)でした。社員同士のコミュニケーション量や、社内の雰囲気とパワハラが起きる原因は関係していることが分かります。


4:パワハラ対策を行なっている企業は56%

「貴社では、パワハラ対策を行なっていますか?」と尋ねたところ、「はい」(56%)と回答した企業が「いいえ」(38%)を上回る結果となりました。「いいえ」と回答した企業の声として、『どのような対策が有効的か分からずに困っている』、『社内規定や罰則はあるものの、運用できずにいる』など、対策を行なう意欲はあるもの実行に移せていない企業が多いようです。

パワハラ対策を進めている企業に、実施した対策の中で有効だと感じたものを伺ったところ、多かった回答トップ3は「社内に相談窓口を設置」(51%)、「管理職向けの研修・講習会の実施」(32%)、「就業規則に罰則規定を設ける」(28%)。相談しやすい職場環境の整備や、パワハラを減らすためのマネジメント層への働きかけを行なっている企業が多いことが分かります。


当たり前のことをバカみたいにちゃんとする


これだけハラスメントについて注目されているにもかかわらず、その半数以上が実態を把握できていないとし、パワハラ対策をしている企業も5割強にとどまっている状況は考えさせられるものがあります。


「うちに限ってそんなことは・・・」という目線ではなく、「人が寄り集ままれば、比較がはじまり、嫉妬が起こり、ハラスメントは起こりうる」という発想で、ハラスメント対策に取り組むことが大切です。


ハラスメントは起こさない姿勢が当たり前。


その「当たり前」を作るために「何もしなければ起こる」ことを前提に、コミュニケーションの活性化や研修の実施等に取り組んでいきましょう!!


「企業のパワハラ」実態調査

雇用保険法の改正案PageTopまだ上がります(T_T)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2117-82cc0c1f

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。