Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

雇用保険法の改正案

昨日、厚生労働省は、「雇用保険法等の一部を改正する法律案」の国会提出について閣議に付議し、閣議決定されました。


この法律案は、一億層活躍社会の考えに則り、就業促進や雇用継続を通じた職業の安定を図り、誰もが安心して活躍できる環境の整備を進めるため、雇用保険の失業等給付の拡充、職業紹介事業等の適正な事業運営を確保するための措置の拡充、子育てと仕事が両立しやすい就業環境の整備等を行おうとする内容になっています。


詳細は次の通り。


1.失業等給付の拡充(雇用保険法)〈平成29年4月1日施行((4)は平成29年8月1日施行、(5)、(6)は平成30年1月1日施行)〉

(1)
リーマンショック時に創設した暫定措置を終了する一方で、雇用情勢が悪い地域に居住する者の給付日数を60日延長する暫定措置を5年間実施する。また、災害により離職した者の給付日数を原則60日(最大120日)延長できることとする。

(2)
雇止めされた有期雇用労働者の所定給付日数を倒産・解雇等並みにする暫定措置を5年間実施する。

(3)
倒産・解雇等により離職した30~45歳未満の者の所定給付日数を引き上げる。
   〔30~35歳未満:90日→120日 35~45歳未満:90日→150日〕

(4)
基本手当等の算定に用いる賃金日額について、直近の賃金分布等を基に、上・下限額等の引上げを行う。

(5)
専門実践教育訓練給付の給付率を、費用の最大70%に引き上げる。〔最大60%→70%〕

(6)
移転費の支給対象に、職業紹介事業者(ハローワークとの連携に適さないものは除く。)等の紹介により就職する者を追加する。


2.失業等給付に係る保険料率及び国庫負担率の時限的引下げ(雇用保険法、徴収法) 〈平成29年4月1日施行〉

保険料率及び国庫負担率について、3年間(平成29~31年度)、時限的に引き下げる。
保険料率 0.8%→0.6% 国庫負担率(基本手当の場合) 13.75%(本来負担すべき額(1/4)の55%)→2.5%(同10%)〕


3.育児休業に係る制度の見直し(育児・介護休業法、雇用保険法)〈平成29年10月1日施行〉

(1)
原則1歳までである育児休業を6か月延長しても保育所に入れない場合等に限り、更に6か月(2歳まで)の再延長を可能にする。

(2)
上記に合わせ、育児休業給付の支給期間を延長する。


4.雇用保険二事業に係る生産性向上についての法制的対応(雇用保険法)〈公布日施行〉

雇用保険二事業の理念として、「労働生産性の向上に資するものとなるよう留意しつつ、行われるものとする」旨を明記する。


5.職業紹介の機能強化及び求人情報等の適正化(職業安定法)

(1)

ハローワークや職業紹介事業者等の全ての求人を対象(※)に、一定の労働関係法令違反を繰り返す求人者等の求人を受理しないことを可能とする。


職業紹介事業者に紹介実績等の情報提供を義務付ける。


ハローワークでも、職業紹介事業者に関する情報を提供する。〔※現行はハローワークにおける新卒者向け求人のみ〕

(2)
求人者について、虚偽の求人申込みを罰則の対象とする。また、勧告(従わない場合は公表)など指導監督の規定を整備する。

(3)
募集情報等提供事業(※)について、募集情報の適正化等のために講ずべき措置を指針(大臣告示)で定めることとするとともに、指導監督の規定を整備する。 〔※求人情報サイト、求人情報誌等〕

(4)
求人者・募集者について、採用時の条件があらかじめ示した条件と異なる場合等に、その内容を求職者に明示することを義務付ける。


以上となります。

雇用保険

「雇止め」された非正規の方の失業給付を手厚くしたり、専門実践型教育訓練給付の給付率を引き上げるなど、働く人の待遇強化に力が入れられています。


また、雇用保険二事業の理念に、わざわざ「労働生産性の向上に資するものとなるよう留意しつつ、行われるものとする」旨が明記されたという事は、助成金等が、労働生産性に結びつくものにシフトしていくことが予見されます。


つまり、これまで以上に、「何かをした」だけなく、「結果、生産性はどうなったのか?」が求められるようになるのかもしれません。


一方で、求人に関しては、ブラックと揶揄される求人内容の虚偽表示について、かなり厳しい対応をとる姿勢を明確にしています。


このことはある意味当たり前のことなのかもしれませんが、これまでのような曖昧な労働条件というのは認められなくなりつつありますので、各企業も自社の新卒採用者の諸条件の整備など、賃金・人事制度を整備しておくことが一層重要になると考えられます。


ただ、今の法律の流れは、入り口と入社後の待遇の労働者の権利にはかなり力が入っていますが、「出口」の戦略、つまり、権利に見合った義務を履行しない場合の処置についての話はほとんど具体的になされていない状況ですので、そろそろそんなことも真剣に話し合わなくてはいけないのではないかな~~、という声をよく聞く今日この頃です。


雇用保険法等の一部を改正する法律案(概要)

労働時間規制はどうなる? 第6回 働き方改革実現会議PageTop半分以上は把握されていないパワハラの実態

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2118-22c76c18

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示