Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

時間外労働規制に関する意識調査結果

日本商工会議所は先日、「時間外労働規制に関する意識調査結果」を公表しています。


この調査は、全国の中小企業1,581社を対象に、時間外労働規制への対応等を把握するために、ヒアリング調査を行ったものです。(調査期間:平成28年10月3日~11月4日、回答数:1,581事業者)


調査結果では、時間外労働を可能とする、いわゆる36協定(労働基準法第36条で定める届出)を締結している企業の内、限度時間を超えて時間外労働を可とする特別条項については、約半数が「有り」と回答しています。


また、36協定の見直しについては、約半数の企業で見直しに「賛成」と回答しており、その理由として「一定の上限規制は必要だが、業種業態・企業規模等を考慮し、一律に規制するのではなく、柔軟な制度設計とすべき」と回答した割合が最も多くなっています。


今、匡は労働時間の上限規制が検討されていますが、この回答のように多くの人が求める、業種業態や規模をどれだけ勘案した内容となるのかについては、注目です。


単に、80時間や60時間というような上限を決めてもそれは絵に描いた餅なりますので・・・・


長時間労働是正に向けた効果的と思う見直し策についての問もあり、こちらは「長時間労働を肯定するような労働者・経営者の意識改革」が最も多く、次いで「長時間労働を是正するというトップの強いコミットメント」と続いています。


隗より始めよ


労使ともに意識を変える。


これが一番大切なことは、多くの人が頭では理解している人が多いと思いますが、行動に変えないと変化は起きません。


「先ず隗より始めよ」という言葉がある通り、変革を体現する行動はいったい何ができるのか?


そこから考えることが働き方改革の第一歩なのかもしれませんね。

「時間外労働規制に関する意識調査」集計結果

厚生労働省が今国会に提出している法案PageTop健康保険と労災の関係

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2122-95a638a8

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示