Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

労働時間の上限規制の方向性が明らかに 第7回 働き方改革実現会議

平成29年2月14日総理大臣官邸で第7回「働き方改革実現会議」を開催されました。


今回のテーマは「長時間労働是正」と「高齢者雇用」です。


労働時間の規制を上限何時間にするのか?60時間か、80時間か?労災基準と統一するのか?


そんなことが話題になっていましたが、今回、事務局案として、その方向性が具体的に示されています。


その内容は次の通り。


<原則>
36協定により、週40時間を超えて労働可能となる時間外労働時間の限度を、月45時間、かつ、年360時間とする。
⇒ 上限は法律に明記。上限を上回る時間外労働をさせた場合は、特例を除いて罰則を課す。

<特例>
① 臨時的な特別の事情がある場合として、労使が合意して労使協定を無ずぶ場合においても
  上回ることが出来ない年間の時間外労働時間を1年720時間(月平均60時間)とする。

② ①の1年720時間以内において、一時的に事務量が増加する場合において、最低限、  
  上回ることのできない上限を設ける。


③ 月45時間を超えて時間外労働をさせる場合について、労働側のチェックを可能とするため
  別途、臨時的に特別な事情がある場合と労使が合意した労使協定を義務づける。

<その他事項>
① 現在、ⅰ新技術、新商品等の研究開発業務、ⅱ建設事業、ⅲ自動車の運転業務等について
  は、厚生労働大臣告示の適用除外となっている。これらの取扱いについて、実態を踏まえて
  対応の在り方を検討する。

② その他、突発的な事故への対応を含め、事前に予測できない災害その他避ける事のできない
  事由については、労基法第33条による労働時間の延長の対象となっており、この措置は継続
  する。


月ごとの上限設定の方法については、今後となりますが、大きな方向性は見える内容となっています。


また、高年齢者雇用の議論では、「65歳への定年の引き上げ」「高年齢雇用継続給付金の廃止」「在職老齢年金制度の見直し」「年金支給開始年齢の引き上げ」などが提案されています。


以下、安倍総理のコメントです。


本日は事務局が示した案に基づいて、長時間労働是正の法改正の在り方について、より具体的に議論を行いました。

誰に対して何時間の上限とするのかは、非常に重要な議論であり、多数決で決するものではないと考えています。

つまり、皆様全員の賛同を得て初めて成案として出したいと思っております。

特に、労働側、使用者側には、しっかりと合意を形成していただく必要があります。

合意を形成していただかなければ、残念ながらこの法案は出せないということになります。

3月の実行計画決定まで、あとひと月強であります。

実態を見据えて、かつ実効性の上がる結論が計画に明記できるよう、残された貴重な時間に十分留意いただき、具体的に意見表明をお願いをしたいと思います。

罰則付きの時間外労働時間の上限規制は、これまで長年、労働政策審議会で議論されてきたものの、結論を得ることはできませんでした。

このため、今回『働き方改革実現会議』を設置いたしまして私が自らが議長になり、労使のトップや有識者の皆様に集まっていただき、議論することとしたところでございます。

胸襟を開いての責任ある議論を労使双方にお願いしたいと思います。

加えて、本日は高齢者雇用について議論を行いました。

労働力人口が減少している中で我が国の成長力を確保していくためにも、意欲ある高齢者の皆さんに多様な就業機会を提供していく必要があります。

高齢者の就業促進について議論を進め、3月の実行計画で効果的な施策を盛り込んでいきたいと思います。

引き続きの御審議をよろしくお願いいたします。

時間外労働


安倍総理は時間外労働の上限に関して、労使の合意を前提とした法案成立を検討しているようです。


現状では、その間委に大きな隔たりがありそうですが、どこで妥結できるのか?


今後の議論も要注目です。


資料1 第6回働き方改革実現会議 議事録
資料2 時間外労働の上限規制について(事務局案)
資料3 白河桃子議員提出資料
資料4 高橋進議員提出資料
資料5 水町勇一郎議員提出資料
資料6 金丸恭文議員提出資料
資料6-2 金丸恭文議員提出資料②
資料7 田中弘樹議員提出資料
資料8 塩崎大臣提出資料

社会福祉法人制度改革PageTop雇用を増やすことで受けれる、雇用促進税制

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2126-a91fa395

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示