Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

8時間労働を6時間労働にした効果

日本では一般的に1日8時間労働の企業多いですが、スウェーデンでは「6時間労働」を目指して複数の企業や公的機関が取り組みを行っているそうです。


実態としては、仕事と生活のバランスに関する議論が活発ではあるものの、まだまだ実際に6時間を導入しようという企業は多くなく、その支持も大きくはないようですが・・・
(左翼政党が8時間労働をより短いものにすべきと主張したそうでうが、直近の総選挙では左翼政党の支持率は6%だったそうです。)

短時間勤務

こんな取り組みに関して、実際に6時間労働を2年間取り入れた結果、どのような変化が起きたのかをBBCが報じています。


6時間勤務の試験運用期間、介護施設で働く約70名の介護助手が8時間勤務から6時間勤務に変更した結果、6時間労働の効果を測定するプロジェクトの最初の18ヵ月で、看護師の病気休暇は8時間労働時よりも少なくなることが明らかになったそうです。


また、調査の結果、試験に参加している看護師たちも自身がより健康的であると報告しており、仕事の生産性は組織全体で85%も向上したとのこと。


しかし、そんな結果の一方、6時間勤務はあまりにもコストがかかりすぎて、経済的に持続可能なものではない、という事も指摘されています。


実際、この2年間に実験をする費用として約1200万クローナ(約1億5000万円)がかかったそうです。


この介護施設で行われた試験で研究主任を務めたベント・ローレンソン氏は、6時間労働というコンセプトは、スウェーデンの多くのビジネスと同じようにフレキシブルな職業体系を強く勧めるものだと主張しています


そして、「経営者はすべての従業員を同時にオフィスの中で働かせる必要はありません」と語っています。


何事も、最初からもろ手を挙げてウエルカムできるものなどありません。


大切なことは、「できない理由」ばかりを模索するのではなく、「どうすればできるか」について一つ一つ、工夫をしていくという事。


そういう意味では、今回の実験は決して大成功とは言えませんが、少なくとも、何が問題かが分かったという事は大きな前進です。


まずは業種ごとに、できることから、それくらいのフレキシビリティさをもって、今後も様々な取り組みがなされていくようですが、日本でも、同じように、チャレンジをしていくことが必要な気がします。

外国人材の受入れ問題をどうするか? 第8回 働き方改革実現会議PageTopインターバル制度専用サイト

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2137-fd3397bb

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示