Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

外国人労働問題啓発月間

厚生労働省は、毎年6月を「外国人労働問題啓発月間」と定めています。


あっという間の一年で今年も啓発月間となりました。


少子高齢化の中、外国人労働者数の増加に注目がされていますが、平成28年10月末現在の厚生労働省の統計調査によると、初めて100万人の大台に乗り108万人になっています。


とっても急増中、のような感じに見えますが、実は、他国の人口対比率を考えるとまだまだ、少ない状況にあります。


ここには制度的な問題もあるわけですが、長時間労働やわかりにくい給与体系など、日本独自のこれまでの労使慣例の在り方が外国人の方々にとって働く場としての日本が魅力的に見えないなどという理由もあるようです。


そんなことも考えてか、こんな取組があるのかとおもいますが、その詳細は次のような感じです。


【厚生労働省が認識している課題】

① 雇用管理の改善及び再就職の促進

日系人等の定住外国人を中心として派遣・請負の就労形態が多く雇用が不安定な状況は変わっていない。

事業主の認識不足等により社会保険に加入していない事例や適正な労働条件が確保されていない事例等がみられる。

日系人等の定住外国人を中心として日本語能力や能力開発の機会が不十分である等の問題がある。


② 専門的・技術的分野の就業促進

外国人を雇用したことがない企業が依然として多く、採用しても企業側の環境整備が進んでいないなど高度外国人材の活用が不十分である。

日本で就職を希望する留学生の多くの者が実際に就職できておらず、なお就職支援の必要性が高い。


③ 適正な雇用・労働条件の確保

技能実習生を含めた外国人労働者については、法定労働条件確保上の問題が認められる事案が多いことから、適正な雇用・労働条件の確保が求められている。

外国人労働者の労働災害は増加傾向にあることから、安全衛生の確保のため、安全衛生教育の実施等が求められている。

我が国には、依然として多数の不法滞在者が存在しており、その多くが不法就労に従事しているとみられることから、外国人労働者の就労状況を適切に把握することが求められている。

外国人


上記のような課題に対応するために、

「外国人労働問題啓発月間」では、「外国人雇用はルールを守って適正に~外国人が能力を発揮できる適切な人事管理と就労環境を!」

を今年のスローガンとし、厚生労働省をはじめ、都道府県労働局、労働基準監督署、ハローワークが主体となり、ポスター掲示やリーフレットの配布、事業主や各種団体・会合などでの外国人労働者問題に関する周知・啓蒙活動が重点的に実施されています。


特にハローワークでは、「外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針」に基づき、事業所を訪問して雇用管理の改善指導を集中的に実施されますので、外国人を雇用されている企業においては、この機会に自社の雇用管理が適正であるか、再点検を必要です!!

平成 29 年度外国人労働者問題啓発月間実施要領

月間用ポスター

パンフレット「外国人雇用はルールを守って適正に」

パンフレット「技能実習生の労働条件の確保・改善のために」

パンフレット「労働条件に関するトラブルで困っていませんか?」

リーフレット「外国人を雇用する事業主の皆様へ 不法就労防止にご協力ください」

社労士が監督業務をするとか何とかという話PageTop労働者派遣事業関係業務取扱要領の改定

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2158-35161bfe

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示